App Storeの「無料」ボタンを「入手」に変更した理由は、課金ゲームにクレームが多発していることが原因 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

App Storeの「無料」ボタンを「入手」に変更した理由は、課金ゲームにクレームが多発していることが原因

015102

App Storeの「無料」ボタンを「入手」に変更した理由は
39億円を支払う訴訟が原因の1つだったらしい。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



6434258249_46de358ae6_b

11月中旬からApp Storeのアプリの「無料」ボタンが「入手」に変更になりましたが、
アメリカやヨーロッパで課金ゲームにクレームが多発していることが原因のようです。

無料で始められる課金ゲームですが、「課金ゲームは不必要なお金をどんどん
使うように設計されている」
と批判されており、アメリカ政府が対応に乗り出していました。

欧州委員会も課金ゲームで子供がお金を浪費することを問題視しており、
Google Playは同委員会の要望に応じ、2014年の7月から既に「無料」のボタンを
「入手」に変更していましたが、Appleは要求に従わず、課金を行う際に保護者に
メールを送るなどの機能制限(ペアレンタルコントロール)を自主規制として採用しました。

しかし、そのようなシステムを使えなかった親を代表し、連邦取引委員会がAppleと
Amazonを相手に取って集団訴訟を起こし、Appleは3250万ドル(約39億円)を
支払うことに
なっています。

日本でも2012年に消費者庁がコンプリートガチャを問題視し各社が当時自主規制を
行いましたが、2014年10月末の時点で2623件(前年同期2906件)の相談が
国民センターに寄せられており、問題は静まっていません

http://gigazine.net/news/20141214-appstore-change/

日本でもだいぶ前からガチャで問題視されている案件ですが、これは結局
「基本無料、アイテム課金」のシステムそのものを見直さないと完全な解決は
できない問題かも知れませんね。

とはいえ、やめたらやめたで楽しく遊んでいるファンからクレームもあるでしょうし、
会社としてもどこで採算取るんだといったところですし、難しいですね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯







コメント

  1. 名無し

    何年か前だけど、AppBank等でセール情報を見て、それをiTunesで見ると[無料]になってるので押すと、
    なぜかお金取られた事が何度かあって、一時的にセールで無料にしてるアプリは注意してた事があったな。
    もちろん無料って表示されたのにお金取られたのはAppleに電話してお金返して貰ったけど。
    その時Appleの電話のヤツは「ウィッシュリストに登録してから押して下さい」ってあまり意味ないと思う方法でやれって言ってたけど…
    今は有料の場合はもう1アクション追加されたのでその間違いは無くなったかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング