(こええ) 住宅に猟銃の弾丸が飛んできた! 500円サイズの穴を見事に開ける 害獣被害が多く仕方ない模様 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(こええ) 住宅に猟銃の弾丸が飛んできた! 500円サイズの穴を見事に開ける 害獣被害が多く仕方ない模様

P030059_s

猟銃の弾丸が住宅に着弾。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P030060_s

秦野市堀西の会社員の男性(59)宅に、猟銃のものとみられる弾丸が着弾した。
玄関の壁を貫通したが、けが人はいなかった。狩猟の弾丸が飛び込んだ
可能性が高いという。登山道や住宅街にも近く、家族は「万が一のことがあったら」と
不安を抱くが、近年被害が増加する有害鳥獣の駆除などのため、
猟銃使用の禁止区域指定は簡単にはいかないという。

秦野署によると、着弾したのは11月18日午後4時40分ごろ。散弾銃で使う
「スラッグ弾(一粒弾)」とみられ、厚さ10センチ弱のモルタル壁を
貫通した衝撃で直径2・5センチほどにつぶれていた。
イノシシやシカなど
大型動物の狩猟用で、威力が強いという。

男性の妻(51)によると、当時長男(24)が玄関横の居間で休んでおり、
衝撃音に驚いて部屋から出ると廊下に弾丸が落ちているのが
確認できたため、すぐに110番通報した
という。

「想定される銃弾の軌道の下には登山道もあり、近くには住宅が
50軒近くある」と、男性の妻は万一を懸念する。壁を貫通するほどの
威力の弾に当たれば、ただではすまない。

県自然環境保全課によると、男性の地区は猟銃使用の禁止区域外で、
使用自体は問題ないが、発砲する際には安全対策のための細かい規定が
あるという。県内の狩猟免許取得者の6割強が加入する県猟友会も
「県内で同様の事故は聞いたことがない」と話す。ただ、使用者側の
判断に多くが委ねられているのは確かだ。

県が指定する銃猟禁止区域は、住宅の新規建設など地域の実情に合わせて
毎年見直されている。だが、「近年は人里での害獣被害も多く、
駆除の観点からどこまでを禁止区域に指定するかは、バランスが難しい」

(県自然環境保全課)と苦慮しているのが現状だ。

玄関の壁に開いた穴を見上げながら、男性の妻は「一定の駆除の
必要性も分かるが、万が一のことを考えると区域を見直してほしい」と話していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141213-00116166-kana-l14

さすがに自宅に着弾するとビビりますね。
穴の補修は猟友会や自治体がしてくれるのでしょうか。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 
マタギ [DVD]
西村晃
紀伊國屋書店
2014-03-22

 



コメント

  1. 名無し

    これが人体だったらと思うと・・・

    というか軒先のペットにでも当たったら悔やみきれないな。

  2. 名無し

    民家から一定範囲内は発砲禁止じゃないのか
    禁止区域を設けるんじゃなくて許可区域を設けろよ
    民家に近い区域では原則駆除目的に限り麻酔銃のみ使用可でいいだろ

  3. 名無し

    ときどき思うんだが外国の演習とかで空に向かってアサルトライフルぶっ放す場面あるだろ?その弾ってしばらくして落ちてきて人間打ち抜くってことはないのか?

  4. 名無し

    「害獣被害が多く仕方ない模様」
    どんなタイトルだよw

  5. 名無し

    こういう方法もあるのか

  6. 名無し

    オオカミ復活させようぜ

  7. 名無し

    猟銃免許、老人ばっかで若い奴ほぼ居ない現状。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング