紛争地域で産出され、たびたび人命が脅かされる『紛争鉱物』・・・ インテルが2014年発売のプロセッサから排除を表明! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

紛争地域で産出され、たびたび人命が脅かされる『紛争鉱物』・・・ インテルが2014年発売のプロセッサから排除を表明!

P000035_s

紛争鉱物、インテルが排除を表明。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


1_s

米半導体最大手のインテルは6日(米国時間)、
ラスベガスで開催中のCES 2014で行われた
プレスカンファレンスにおいて、同社が
2014年にリリースする全てのプロセッサから
紛争鉱物を撤廃すると発表した。

紛争鉱物をめぐる問題は2012年頃から
クローズアップされており、昨年には
紛争鉱物問題に対処するためにマテリアルメーカーはもちろんのこと、
最終製品を製造するメーカーまでもが
一丸となって取り組んできた経緯がある。

紛争鉱物とは、主にコンゴ共和国や
周辺地域における紛争地帯で産出される鉱物のこと。
鉱物資源をめぐって武力衝突が絶えず、
さらに鉱物を輸出することで得られる膨大な資金が
武装勢力の資金源となり、大規模な人権侵害や殺戮を生んでいる。

インテルは今回の発表会において、
「スズやタングステン、ダイヤモンドを巡って
過去15年の間に何百万人もの人々が殺害された」としており、
半導体最大手の同社が積極的に取り組むことで
紛争鉱物問題の解決に向けて一歩前進する可能性もある。

しかし、インテルによるとこの
紛争鉱物フリープロセッサを実現するのは容易ではないことであるとしている。
実際、鉱物の特性を活かした経験がプロセッサ製造には活きており、
その経験の積み重ねが技術力の高さに繋がるという側面が
あるのは言うまでもない。そういった背景があるだけに、
困難ながらも解決に向けて「CES 2014」という場で
大々的に宣言する同社の取り組みは評価できるであろう。 
http://ggsoku.com/2014/01/intel-2014-non-conflict-mineral/ 

皮肉にも、もし紛争鉱物が使われている製品のほうが
モノがいいということになると、少々考えものですね・・・。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

Ph020087_s
星のカービィ トリプルデラックス



コメント

  1. 名無し

    AMDが追い抜いたりしてなw

  2. 名無し

    人の血を吸って動いてるんだな今の半導体って

  3. 名無し

    半導体に限ったことじゃねーわ
    巨大な利権が絡むところに血なまぐさいことはつきもの

  4. 名無し

    石油もなんとかしてくれ
    石油メジャー儲けすぎだろう・・

  5. 名無し

    ダイヤモンドは流通コントロールされてるだけでそれほど希少じゃないし
    戦場が変わるだけで終わったりして

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング