「もっと休みたかった」ナイフで足を刺す自作自演、狂言の巡査長を減給処分 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「もっと休みたかった」ナイフで足を刺す自作自演、狂言の巡査長を減給処分

s1_photo

休みが欲しくてナイフで自分の足を刺した警察官。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


scart

けがによる休暇を延ばすために診断書を書き換えたうえ、自分でナイフで足を刺し
強盗被害に遭ったと嘘の申告をした
として、兵庫県警は12日、軽犯罪法違反など
の容疑で、県警須磨署地域課の男性巡査長(27)を書類送検し、減給10分の1
(3カ月)の懲戒処分にした。巡査長は「もっと休みたかった」と話しているという。

県警監察官室によると、巡査長は7月29日に逮捕術の訓練で腰を痛め、出勤日の
8月1日から休暇に入った。その際に上司から診断書の提出を求められ、「椎間板
性腰痛症で加療1週間」と記載された診断書を「4週間」と書き換えて提出した。

さらに巡査長は同月10日、上司の課長に「手術しなければならない。14日に診察
を受ける」と虚偽の報告をした。心配した課長が同行を申し出たが、14日は通って
いた病院が休みだったため嘘をごまかそうと、同日正午頃、自宅で自分の右太もも
にナイフを刺し、課長に電話で「強盗に入られ足を刺され、金をとられた」と連絡
したという。

同署が強盗致傷事件として捜査したが犯行の形跡がなかったため、巡査長から
事情を聴いたところ、嘘を認めたという。

県警監察官室の吉塚潤一郎室長は「警察官としてあるまじき行為であり、誠に
遺憾だ」とコメントした。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000552-san-soci

005442
なぜ、そこまでして休みたかったのか?

仕事はしたくないが給料は欲しいという警察官の物語

辞めれば良いことと思うけど、組織もどうなんだろうとも思える…

どのくらいの傷の深さかはわかりませんが休むために太股を切るのではなく刺すのは
よほど休みたかったのでしょうか。普通に太股を刺せませんよ。
精神的にも病んでると思われるので拳銃を持たせるのは危険ですし、そもそも警察官
の仕事が全うできるとは思えないので辞めた方が良いと思います。
 
警察官の自殺やパワハラも多いし、組織に問題があるのでは?

激務だと精神的におかしくなってくる。
警察も最近おかしな組織になっているのかと思う。

ナイフで刺すところまで行ったって、かなり危ういですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


 
 


コメント

  1. 名無し

    真顔コメント入れてんのにこのアフィでのスベリ感。

    ・・・嫌いではないぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング