この時期必見! 手荒れの原因はハンドクリームのぬり方にあり? 正しいぬり方や量とは | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

この時期必見! 手荒れの原因はハンドクリームのぬり方にあり? 正しいぬり方や量とは

sPH004500

手荒れの症状を持つ男女の多くが、ハンドクリームの塗り方が足りないらしい。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


PH004499

ユースキン製薬と医学博士の野村有子氏はこのほど、2014年2月6日~20日に
かけて手荒れに関する共同実験を実施し、その結果を明らかにした。

まず、中程度以上の手荒れの症状がある32名を対象に、ハンドクリームのぬり方に
ついて調査した。ボディーペイント用の蛍光塗料を混ぜた保湿剤を使用してもらい、
その後にブラックライトを当ててぬれた状況を確認したところ、94%がきちんとぬれ
ていないことが明らかとなった。荒れやすい関節や指の間がしっかりぬれていない
だけではなく、全体的にぬる量も少なかった。

そこで、手荒れの症状を持つ男女8名を対象に、ひび・あかぎれの治療効果のある
ビタミンE入り保湿剤の量とぬる部位、マッサージ方法、患部の重ねづけについて
指導を行った。すると、実験開始4日目には症状の改善が見られた例もあり、
2週間後にはほぼ全員の手荒れが改善するという結果になった。

同社によると、手荒れの重症化を防ぐためには、ハンドクリームの使い方がポイント
だという。使用する量が足りないと、ぬったつもりでもきちんとぬれておらず、症状が
改善しない場合もある。使用量の目安は、人さし指にクリームをのせた場合は、
指先から第1関節まで。症状がひどい場合は、指先から第2関節までの量をたっ
ぷりと使用することが大事だという。

また、ハンドクリームをぬる部位は、手荒れしやすい「手の甲」。ハンドクリームが
苦手な人は、その理由として手のひらや指先のべたつきを挙げることが多いが、
手の甲にぬることでべたつきが減り、使用感もアップする。

ぬり方は、まず手の甲にクリームをのせ、両手の甲を重ねて少しずつ伸ばしていく。
次に手のひらを使い、全体にクリームを伸ばす。指は、「付け根から指先に向けて
引っ張るように1本1本にクリームを伸ばしていくことが大切」とのこと。爪の周囲や
乾燥しやすい指の間なども、忘れずになじませていく。

また、荒れている場所や関節部分は「重ねぬり」をすると、さらに効果が高まる。
指の第1関節と第2関節にクリームを新たに少量つけ、反対の手の親指を使って
関節にクリームをなじませる。最後に手袋をはめると、保湿効果がアップするという。 
http://news.livedoor.com/article/detail/9534916/

ひび・あかぎれの症状に悩まされている人は、寝る前だけでもいいので
たっぷり塗って寝るといいですよ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 


 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング