高温にするとゴムのようになるガラスを開発 幅広い応用に期待 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

高温にするとゴムのようになるガラスを開発 幅広い応用に期待

ser

高温にするとゴムのようになるガラスを開発。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


PH004472

高温にするとゴムのように伸縮させることができる特殊なガラスを開発したと、東京
工業大の細野秀雄教授や旭硝子中央研究所の稲葉誠二主席研究員(元東工大特
任助教)らが1日付の英科学誌ネイチャー・マテリアルズ電子版に発表した。
 
高温環境で動く機械の接続部をふさぐ部品や衝撃吸収材など幅広い応用が考えら
れ、旭硝子は「ニーズがあれば実用化できるかもしれない」と説明している。
窓などに使われるガラスは二酸化ケイ素(シリカ)が主成分だが、この特殊ガラスは
リンと酸素の分子が主成分。実験では、特殊ガラスでできた棒が約250度の環境で
伸縮した。伸び縮みの程度は大きさや引っ張り方などの条件によるという。
 
ゴムが伸縮するのは骨格となる鎖状分子同士の所々が硫黄によって「ピン留め」され
ているため。細野教授らはこの構造をまね、リンと酸素から成る鎖状分子をリチウム
でピン留めしたガラスを開発した。稲葉さんは「ゴム弾性を示すガラスの設計方法が
分かった」と話しており、将来は二酸化ケイ素が骨格のガラスでも伸縮させられる
可能性があるという。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141202-00000006-jij-sctch

005442
例えば高温下で衝撃を和らげる素材としてゴムのような弾性が欲しい、
そんなときに役立つのではないか? 

強度はどうなんだろ?
色々と使い方はあるかもしれないけど、強度次第な気がする

シリコンゴムよりも上の温度に対応できるようになるなら、プラントなんかで
用途が出てくるかも。 

冷やすと固まるなら今のガラスと同じではないのか?

問題はどういったものに応用するかだと思う。
高温で伸縮できるということは、製品になれば当然常温になるわけで、一般の
ガラス製品(瓶やコップなど)と何ら変わらないようにも思える。
何となく凄いように思えるが、実は従来のガラスと同じ特性だったりして‥‥。

P029562_s
なぜiPhone 6にはサファイアガラスが採用されなかったのか? 
 


コメント

  1. 名無し

    すごい☆

     

  2. 名無し

    温度センサー以外に思いつかん

  3. 名無し

    伸縮性の違うガラスを組合せれば高温で形が戻る形状記憶ガラスになるね

  4. 名無し

    旭硝子は「ニーズがあれば実用化できるかもしれない」と説明している

    つまり開発したけど用途不明だとw
    MSが衝撃食らうとモニターがぐわぁんと膨らむやん
    あれに使えね?

  5. 名無し

    いや、これは高温での伸縮性を利用するんじゃなく、曲げ加工が容易で冷えて固まったあとにガラスなのに色々曲がった使い方ができるって事でしょ

  6. 名無し

    高温下で気密性を高めたい場所で伸縮したりするところには最適だね
    煙突周りとかの隙間なんて普通のゴムやシリコンじゃ燃えるし
    これ使えば建築の耐火構造も取りやすくなりそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング