韓国船がまた沈没事故 1人死亡・52人行方不明 ベーリング海で操業の漁船か | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

韓国船がまた沈没事故 1人死亡・52人行方不明 ベーリング海で操業の漁船か

P029748_s

韓国船の沈没死亡事故がふたたび。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P029749_s

ロシア東側の海域でスケトウダラ漁をしていた思潮産業所属「501オリョン号」が
1日午後2時(日本時間)に沈没し、韓国人船員1人が死亡した。
船員60人のうちこの日午後11時まで救助されたのは7人で、
さらなる人命被害が予想される。

思潮産業のイム・チェオク取締役はこの日、釜山の事務所に設置された
事故対策本部で記者会見し、「オリョン号が1日午後12時30分ごろ
網を引き上げていたところ、処理室に入ってきた海水が抜けず、
左舷に傾いた状態で海水がさらに入ってきて沈没した」と伝えた。

操舵室が浸水し、操舵装置が左舷に完全に回った状態の中、高波で船が
左旋回を続け、近くで操業していたソンギョン水産の「カロニラ77号」の
排水ポンプ1台をつないで水を抜いていたが、結局、午後5時ごろ
沈没したと説明した。

この日夜までに救助された船員は7人、死者は1人で、残り52人については
確認されていない。救助されていない船員のうち韓国人は10人。
1人のロシア人操業監督官は救助された。他の船員はフィリピン人、インドネシア人。

チョ・シンヒ海洋水産部遠洋産業課長は「船体が大きく傾いたため、
船員が船の外に出たと把握しているが、気象状況が良くないため救助が
難航しているという報告を受けた」と伝えた。オリョン号は36年前に
建造された船で、セウォル号沈没事故当時のように老朽船不良整備問題が
ふくらむ可能性がある。

思潮産業がロシアでスケトウダラ漁をするのは国内の漁獲量が減ったからだ。
1970年代、国内ではスケトウダラが毎年1万トンほど漁獲されていた。
技術の発展で80年代初期には漁獲量が年9万トンまで増えたが、
それ以降、急激に減った。海水の温度が上がったうえ、スケトウダラの
幼魚を大量に獲ったからだ。スケトウダラ漁獲量は90年に1万トンを割り、
2000年には766トン、昨年は1トンにもならなかった。

このためにロシアでスケトウダラ漁をしているが、外国漁船が漁獲できる量は
減っている。ロシアが自国の水産資源を保護するという名分で
規制しているからだ。オリョン号にロシア人が監督官として乗るのも、
許可された漁獲量かどうか監視するためだった。

思潮産業は1971年に(株)シジョン社として設立、同年に思潮産業株式会社に
社名を変更し、40年余り遠洋漁業で成長してきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141202-00000003-cnippou-kr

005442
今の時期では水温もかなり低い。
52人の中で助かる人は・・・
って言うか、また人災じゃないの?

人命救助第一だけど、おそらく人災のような気がする。

沈没まで相当の時間があり、他の船もいた。
何で52名も不明になるんだ?
危機管理能力が極めて希薄だ。

フィリピン人とインドネシア人が心配だ。無事でありますように!

それらしい言い訳してるけど ただの 積みすぎです

ドンマイドンマイ。
いつか良いことあるよ。

一概に言えないけど、
冬のベーリング海は「世界で一番危険な職場」と言われている訳で、
致し方ない可能性もあるのかもしれん。

また沈没事故か。

 
韓国民にとっては『またか』という感じでしょうね。
今回も行方不明者数から察するに相当な事故となりそうです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    樺太島・千島列島は日本の領土

  2. 名無し

    へーまたか・・・・
    あっそう

  3. 名無し

    フィリピン人とインドネシア人の無事を祈ってる

  4. 名無し

    めしうまーw

  5. 名無し

    フィリピン人とインドネシア人だけは助かってくれるといいな

  6. 名無し

    まーた災害救助ごっこの体育館での寝泊まりと遺族支援が始まるのかな?

  7. 名無し

    もうなんていったらいいんだろうか、韓国という国は

  8. 名無し

    >>7
    場寒酷と呼んであげてくださいw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング