英語の挨拶 my name isは古い言い回しなので教科書はI amに | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

英語の挨拶 my name isは古い言い回しなので教科書はI amに

seigo4

「My name is」はもう古い。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


sa5288cc2-s

今や外国語教育は小学校でも必修となった。家庭でも授業を終えた子供が、覚えた
ばかりの英語で話しかけてくるかも知れない。しかし、不用意に自分の常識で対応
するとあいさつの段階で恥をかく。

〈Hello, my name is Ken Tanaka.〉は教科書に載っていた一番はじめに教わる英語
のあいさつだ。

このようにMy name isのあとに「名―姓」の順で習ったはずだ。しかしMy name is~
のあいさつは「古い言い回し」として今の教科書では使われなくなった。
 
現在中学一年生の教科書ではI am Tanaka Ken.と、 I amと「姓―名」の順で名乗る
のが標準なのだ。

姓名の順は2000年に国語審議会が「国際社会に対応する日本語の在り方」で、日本
人の姓名についてローマ字表記を「姓―名」の順にすることが望ましいと答申したこと
が大きく反映されている。 
http://news.livedoor.com/article/detail/9527903/

1
「This is a pen.」はまだあるのだろうか…

確かに…。私も初対面の相手には「I’m 名前」しか言わんやー。

中学の授業でこのフレーズ何度使用したことか
自己紹介分のスタートはこのフレーズからだったな

え!何かどうでもよい事なんだけどショック

ようやくか…。


こういうところにも、日本の英語教育の遅れが見えますね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 
sPH004264 
日本政府「小学3年生から英語教育を始めれば日本人も英語を話せるようになる!」
 


コメント

  1. 名無し

    英会話できない人が基準作ってたから仕方なかったんや

  2. 名無し

    おっと、EMINEMさんをdisるのはそこまでだ

  3. 名無し

    もう義務教育では英文さえ読めればいいって
    割り切って基礎の基礎をカッチカチに時間かけて教育しろよ。

    なんで英文すら読めない奴が大量生産されてんだ。

  4. 名無し

    >>3
    英語のみならずだいたいの科目がテストで脳の記憶力を計る題材に過ぎないから
    英語かどうか、世界史かどうかなんてどうでもいい

  5. 名無し

    田中健懐かしいなえまとかも居たよな

  6. 名無し

    My name is…の言い方って日本では「拙者は….でござる」って言ってるのに等しいとかって聞いた。

    でも確かにこんな挨拶本当にしてる人見たことない。

  7. 名無し

    マイネーム イズ マイケルウェスティン

  8. 名無し

    “My name is “も普通に使うぞ

  9. 名無し

    外人が来て拙者はマイクでござるなんて言ったら、人気者間違いなしだから
    これもええんじゃないか

  10. 名無し

    >>6

    テレビで言ってたね
    日本のスポーツ選手が、海外のチームに入団した時に
    マイネームイズ○○です。と自己紹介してた時はさすがに
    その言い方古いでしょと思ったけどね

  11. 名無し

    もっと早くから教育されてれば英文が読める様になったかも

  12. 名無し

    教育の問題じゃない。やる気とカタカナ英語、カタカナアクセントの概念を捨てればいい。
    中学でもSUNSHINEとかクラウンとかどれも英語喋るには十分な教科書。
    ていうかMy name isなんてもう十数年前から載ってない気がするけどな。
    もちろん今の教科書は裏見たらわかるけど外国人の校閲が入ってるから安心なんだけども。

  13. 名無し

    まぁ実際使うのは「I’m~」の方が一般的だしな。
    外国人教師が言ってたけど、日本の英語教育は文法とか点数評価に囚われすぎてて実践的じゃないらしいな。

  14. 名無し

    確かに日本の英語は~法だの何だのややこしい言い回しが多い気がする
    もっと直感的に覚えさせたら楽なのに
    それだけ数こなさないといけないけど

  15. 名無し

    昔イギリス人の先生が、日本で教えている英語の文法は古すぎる
    こんなの40~50年代の英語だとあきれていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング