誰にでも輸血可能、世界でたった43人しか持っていない「黄金の血」とは | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

誰にでも輸血可能、世界でたった43人しか持っていない「黄金の血」とは

P029713_s

貴重すぎる「黄金の血」が話題に。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


20120529_niwayamayuki_23

「golden blood」(黄金の血)と呼ばれる血液があることをご存じだろうか。
世界の人の0.01%未満(国際赤十字社調べ)しかいないという、
希少な血液型の通称だ。英国の生命科学サイト「mosaic」および
米国の放送局abcのニュースサイトが10月、11月と、この血液型について報じ、
これを日本のニュースサイト「Gigazine」が紹介。日本のネットでも話題になっている。

これらによると、血液型は赤血球の表面にある抗原で決まり、
人間の場合、最大342種類の抗原が存在するという。
それによって血液型は、A型、O型などの「ABO方式」や「Rh式」だけでなく、
何百種類にも分類される。
その中で、抗原を一切持たず、
誰にでも輸血することができる「Rh null」型が、この「黄金の血」である

このRh抗原がまったく存在しない「Rh null」型は、2010年時点で
世界中を見渡しても確認されているのは43人

医学的にも非常に重要なものだという。

ロンドンにある国立のサイエンス・ミュージアムは、公式Twitterで
「mosaic」の記事に「Today’s excellent」(今日の良記事:編集部訳)との
コメントをつけてツイート。また、日本のツイッターユーザーも、

「すげーワクワクする話。誰にでも輸血できる完全な血液」
「すごい血もあるもんだ。これを人工培養とか出来たら良いのにね」

と、驚きや期待の声が多く見られた。だが、

「『他の人には黄金の血だろうけど、当人は殆どの人から
輸血してもらえないのだから、黄金の血なんて思えないのではないかな?』」

という意見も。

ちなみに「Rh null」型を持つ人で、輸血に応じることを
了承しているのはたった6人。その中には日本人も含まれるという。
人間の肉体の不思議を感じさせるニュースだった。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141201-00000003-rnijugo-sci

005442
黄金の血の持ち主は輸血してもらえないの?
そりゃ可哀想な話だ

与えることが出来ても、もらうことが出来ないとか黄金どころか
病気や怪我じゃハイリスクでしかないし、損でしかないだろ

他には自由に輸血できるのに、
輸血されるのは駄目なんて不思議だよね。

輸血してもらえないことのほうが深刻かと思うけど。

「稀少」を崇める感覚は分からんでもないが、これは本人にはお気の毒でしょう…。
本人健康な内は良いけど、何かあったら「普通の人なら助かったのに」の状況に陥りそう…。
いくら「献血減ってる。血が足りない」でも、型式違う血をあえて
使う状況って余程の事がなきゃ発生しないし。

「黄金の血」って…。
当人はほかの人からの輸血が期待できないわけで、
もしも日本に存在するなら自分の血液を定期的に保存するなどしないと。
ぜんぜん黄金じゃないと思うのですが。
 
生まれながらに救世主のような感じですが、
本人はいざというとき困りますね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    nullぽ・・・

  2. 名無し

    あまえびさん タブレットの広告やめません?
    あまりに露骨過ぎて朝 鮮 人と同じくらいドン引きですわ

  3. 名無し

    しかもコメント出来なくしてるという悪質さ

  4. 名無し

    血って冷凍保存とかで長期保存できるのかな?自分の珍しい血液型の人は、自分の血を保存してもらってないと大事になったとき大変だろうね

  5. 名無し

    冷凍すると普通に細胞が壊れるだろ。。

  6. 名無し

    黄金の精液ならやり放題なのにな(ゲスの極み)

  7. 名無し

    わしの父ちゃん RH-O だす。糖尿だけどね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング