「シャーペン禁止」「日直の権力」「連帯責任」 小学校時代の理不尽まとめ | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「シャーペン禁止」「日直の権力」「連帯責任」 小学校時代の理不尽まとめ

P029605_s

小学校時代の理不尽。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


0a9ff_1426_3e029b76_e51b3849

今回は、20代から60代の成人男女500名を対象に実施したアンケートをもとに、
「小学生のとき、意味が分からなかったこと」を6項目紹介していこう。

●給食(弁当)を残さず食べ終わるまで、昼休みに入れない
最も多くの人が選んだのが、これだ。

昨今では、“食べ残し”について寛容な姿勢であたる学校や自治体も
出ているようだが、現在の大人のみなさんの多くは、以下のような
光景を体験したり目にしてきたりしたようだ。

「同じクラスの小さい男子が、先生から『食べ終わるまで遊びに行かせないぞ!』と
毎日のように言われ、いつも泣きながら昼休みが終わる直前まで給食を
食べてた。最初のうちはなんかかわいそうだったけど、何カ月も
それが続くうちに、『なんだこれ?』って思うようになった」
(30代、男性)

「ある日の給食でにんじんが出てきて、嫌いだったから同じ班の
男子に食べてもらったら、それを先生が見てて、『自分で食え!』って
凄く怒られました。で、それからというもの、にんじんが献立に出てくると
先生は私を監視。そのトラウマで、今もにんじん苦手です。
あきらかに教育として間違ってたと思う。その他の食べられないものは、
いつの間にか克服してましたから」
(30代、女性)

●「連帯責任」を受け入れなきゃいけなかったこと
“連帯責任”の思い出として多くの人が頭に浮かべたのが、「忘れ物」と「遅刻」。
他人の忘れ物や遅刻なんて、真面目にやっている生徒からすると、
まさに「知るか!関係あるか!」だ。当時の先生たちは、連帯責任を
受け入れなくてはならないことに、論理的な説明ができるのだろうか?

●「やった人が名乗り出るまで皆さん帰れません」といった自首待ち
連帯責任と似ているのが、こちら。これもまさに、やってない人からすると、
「知るか!関係あるか!」である。

さらに似たような経験、というより“あるある”として、
「怒らないから、やった人は挙手しなさい」と言われ、“犯人”が
おそるおそる名乗り出ると、結局しこたま怒られる
、という思い出も聞かれた。

●シャープペンシルの使用が禁止され、鉛筆のみが許可されていたこと
なぜ、小学生時代にかぎって、シャーペンがあれだけ不遇な立場に
置かれていたのだろうか…? 約20%の人はこの項目に共感しており、
結構な“あるある”のようだ。なかには、宿題すらも鉛筆で書かなくてはならない、
つまり、家でもシャーペンが使えなかったというエピソードも見られた。

P029606_s

小学校における先生の絶対的な権力は、文房具市場の数字に
影響を及ぼすほどまでに強いのかもしれない。

●逆上がり(鉄棒)ができるまで、帰れない
「~するまで、~できない」という、“給食”の項目と同種のもの。
これも、できないものはできないのだから、仕方ない。いつまでも回らせてくれない、
無言で立つ鉄棒の圧力に心をやられた小学生は少なくないだろう。

●日直が、その担当日に限って絶大な権力を持っていたこと
これは生徒間の問題に思えるが、“日直”という奉行を順々に指名する
システムを作るのは、“先生”という征夷大将軍だ。結局は、
大権力の庇護のもとにある刹那的な権力なのである。

「おい、お前そんなことすると、日直日誌に書いちゃうぞ!」という
言葉に代表されるように、日直日誌が先生という大権力への
報告書の役目をはたしていた、というわけだ。

不思議な不思議なパワーバランスで成り立っている日本の小学校。
現在は“ペアレンツ”の権力がそこに強く介入しているようだが、
現役の小学生のみなさんは、どんなことに意味の分からなさを
感じているのだろうか?
http://news.livedoor.com/article/detail/9520696/

たしかにありましたね、理不尽なこと。
シャーペン禁止は、鉛筆のほうが正しく書く能力が養えるとかなんとかでしたが、
それなら正しい箸の持ち方も教えたほうがいいでしょうね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 
1
小学中学のルールや教師のやり方って今考えると滅茶苦茶なもの多かったな

連帯責任系はマジでゴミカス

シャーペン禁止は中学のときにあった。理由は目が悪くなるだからだそーだ。
迷信としか言いようがない。

(。-`ω´-) 懐かしいどころか未だに恨んでますけど。

大人のパワハラに比べれば、とてもささやかなものです。







コメント

  1. 名無し

    世にも奇妙な物語「仰げば尊し」を思い出すなあ。
    戦前の中学校で教師に目の敵にされていた生徒。
    その生徒が大きくなり、老人ホームに勤めていた。
    そしてまたその教師が年老いてその老人ホームにやってくる話。
    元生徒の復讐が始まる・・・

  2. 名無し

    シャーペンは今でも禁止の学校が多いけど
    理由は「遊具として授業中に遊ぶから」というものらしい
    同じ理由で、消しゴムや筆箱や下敷きや、鉛筆でさえ、無地で遊びが全くないものしか
    もっていけないという学校もある
    日本の学校教育は何か歪なものを感じる

  3. 名無し

    小学校の時、ブチ切れた先生が「帰れ!」って言うから
    本当に帰ろうとして荷物をまとめていると更にブチ切れられた・・・

    中学校の時、ブチ切れた先生が「帰れ!」って言われて
    本当に帰ったら親まで呼び出されて超怒られた・・・

    勢いで言っている事くらいは当時から分かっていたが
    いくらブチ切れてても立場上自分の言動には責任を持って発言してほしいと思った

    先生、当時はごめんよ・・・w

  4. 名無し

    小学生の時シャープペンの芯の方を上にして持ちながら机の向こうの友人と話していたら、その友人の頭を叩いてきた別の友人が居た。
    その拍子に俺の持っていたシャープペンに突っ込むような形で倒れこんできて、黒目と白目の間を縦に傷つく様に掠めていった。
    結果的には一時的に視力が下がっただけで大事にならなかったけどあの時はかなりびびった。

  5. 名無し

    小学生の頃女子に煙たがられた先生は男子を集め「よし、おまえら、今から女子無視な」と
    今の教育界では考えられないような提案してきたw
    さすがの男子もそれはおかしいのでは?と思い先生の言うこと聞かずに女子と結託し先生無視
    何日か後に、先生「わかった、もうこのことは俺も忘れるからお前らも忘れろ」と

    カマキリ先生、今もお元気ですか??w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング