Firefoxでサクッとメモが取れる 「QuickFox Notes」 がバージョンアップ!オートセーブできなくなった場合の対処法 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

Firefoxでサクッとメモが取れる 「QuickFox Notes」 がバージョンアップ!オートセーブできなくなった場合の対処法

014211

Firefoxでサクッとメモが取れる 「QuickFox Notes」 がバージョンアップ!
ちょっとオートセーブ時に不具合あったので、同じようにお困りの方向けに
メモメモ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


20110418112126

ブラウジング中、重要な情報を見つけたり、気になる一言書きを

見つけブックマークするほどでもない小さな書き込みなときは

メモ帳を開いてコピペしている人は多いんじゃないでしょうか。

自分も初めはそうしていましたが、現在はFirefoxの場合「QuickFox Notes」

というアドオンを使っています。



ブラウザのメニューバーにメモ帳が統合され、ボタン1つで呼び出し・書き込み

さらにタブ管理で複数のメモも残せるので大変便利。



メモ後は自動保存されるため、もちろんFirefoxを終了した後でも、PC自体を

再起動した後でも残したメモはいつでも取り出せます。

最新版でも動作確認しました。



Firefoxでサクッとメモが取れる QuickFox Notes



1・サイトにアクセスし、QuickFox Notesをインストールします。







QuickFox Notes


2・再起動後、メニューバーにアイコンが出現。







3・自分の場合の使い方。

たとえばこんな情報提供コメントを見つけたとき。





右クリックから丸ごとコメントをコピーしアイコンをクリックして開き







そのまま貼り付けます。







これだけで内容はオートセーブ(デフォルト時・手動にも変えられます)、

あとはいつでもメモしておいた情報を取り出せます。



4・複数のメモを残す場合は「Add Tab」ボタンでメモが増やせます。







5・メモを削除する場合は「Remove Tab」。







簡単操作でサクサクメモれるので、ネットで情報収集することが

多い人にはオススメ。


そして今回のメモ。
バージョンアップで、このデフォルトのオートセーブが働かなかったり、
またはユーザー側で「QuickFox」のバックアップ設定場所を意図せず変えてしまい
オートセーブが効かなくなったりした場合の対処方法を紹介しておきます。

この不具合はオプションから「Auto-save」にチェックを入れても、メモを開き直すと
消えてしまいオートセーブが効かなくなっているので、初見では戸惑う人も
いるかも知れません。

014215

セーブが効かなくなった場合は、Options→Change Repository をクリック。
「QuickFox」のバックアップ先となるフォルダを指定し直しましょう。

014214

新たなバックアップ先が指定されると、対象のフォルダ内に「qfn.splite」という
ファイルが生成されるので、このフォルダ内に、Backupsフォルダに保存されている
最新テキストファイルを移動。再起動すれば、再びオートセーブが効いた状態で
メモが活用できます。

014212

「QuickFox」のメモが保存される場所はデフォルトではFrefoxの設定ファイルの
奥の奥になるので、通常は非常に見つけにくいです。
バックアップテキストを取り出したいときはツールアイコンの「Backups」という
フォルダアイコンをクリックして対象フォルダを開きましょう。

014213


簡単操作でサクサクメモれるので、ネットで情報収集することが多い人にはオススメ。
ぜひ試してみてください。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




コメント

  1. 名無し

    もう少し速いブラウザになれば絶対つかう。

  2. 名無し

    GKeep Panelじゃ駄目なのか?

  3. 名無し

    >>2 こっちの方がはるかに便利
    使えばわかる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング