例の“自称小学4年生”騒動に安部総理がコメント! 「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

例の“自称小学4年生”騒動に安部総理がコメント! 「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為」

P029365_s

安部総理もコメント。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


■関連記事
img_2c10f6589ce5645fcb670ce31ba6667a495014
自称小学4年生のサイト「どうして解散するんですか?」はNPO「僕らの一歩が日本を変える。」の青木大和氏が作ったものだった! 謝罪文掲載 妖怪ウォッチで自爆 Tehu氏も関係
炎上中の“自称小学4年生”自民党批判サイト 渦中の在中国人Tehu氏も謝罪 青山氏と並んで言い訳がましく
“自称小学4年生”騒動に茂木健一郎氏「青木氏とTehu氏のような若者は必要。ジョブズも若い頃いろいろやってた」
“自称小学4年生”騒動 IPA公認天才プログラマーが痛烈に批判「センス無さ過ぎ、もう少し頭を使え」

■安部総理が自身のFacebookでコメント!

1


小学4年生による投稿と言われ、巷で話題となった「どうして解散するんですか?」ですが、
今回「NPO法人 僕らの一歩が日本を変える」の代表理事の大学生が
小学生になりすまし行っていた事が明らかになりました。

批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為だと思います。

選挙目当ての組織的な印象操作ではないでしょうが、選挙は政策を競い合いたいと思います。
https://www.facebook.com/abeshinzo/posts/646460842144029
(現在は閲覧不可)

また、時事系動画を上げるkazuya氏もこの件でさっそく投稿。



ついに総理大臣もコメントする事態に。
まさに波紋を広げた格好ですが、今後テレビなどを巻き込んだ
騒動に発展したりするのでしょうか。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

スーパーIT高校生"Tehu"と考える 創造力のつくり方
Tehu
角川書店(角川グループパブリッシング)
2013-03-09


 


コメント

  1. 名無し

    小学生になりすますとか、どこの韓国人だよ。気持ち悪い裏工作

  2. 名無し

    >>1
    やったのが大和君と中国人と言うギャグ

  3. 名無し

    左巻きは子供達を利用するのが大好き
    左巻きは子供を自分達の前に立たせて自分達の意見を
    さも子供達の言葉のように代弁させる
    人間性の下劣さが最も現れる瞬間だと思うね

  4. 名無し

    まぁ、ネラーなら容赦なく叩くがなw

  5. 名無し

    なんか、なんとコメントして良いのか困る画像ですね。
    彼らはこういった事には(NPO)向いていない様に思います。

  6. 名無し

    何やっても速攻ブーメランで
    結局、安倍ちゃんの株を上げちゃうんだよねぇ
    バカの考え何とやらwww

  7. 名無し

    NPOってことは
    税金投入してるし法人税非課税だろ
    こんなのにお金使ってる政府が悪いよ

  8. 名無し

    あいあむザパニーズ!

  9. 名無し

    ってか総理大臣が知ってるくらいなのにTVメディアは何処も取り上げてないのか?

  10. 名無し

    >>9
    だってサヨの仕業ですし
    TV局が選挙近いのにそんな保守票に繋がるような報道するわけない

  11. 名無し

    安倍が小4レベルだと判断されたんじゃないの?

  12. 名無し

    NPOは非営利の法人格ってだけで税金が使われてるわけではない
    税法上の優遇もごく一部の認定NPO法人のみ
    作ろうと思えば誰でも作れる

  13. 名無し

    これぐらいコメントせずにスルーしろよ小せえ男だなぁ

  14. 名無し

    内容には触れずにネットで叩かれてる部分復唱するだけとかwww
    そうだそうだ!って言ってんのと変わんねえじゃんwwwwww

  15. ピカソ

    こういう時に普通に内容論破してくれれば信用できるんだけどなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング