寝る前のスマホは寝にくくなるからNG → 簡単な方法である程度回避できることが判明!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

寝る前のスマホは寝にくくなるからNG → 簡単な方法である程度回避できることが判明!!

P029333_s

寝る前のスマホの影響を回避する方法とは。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


1172400l

夜寝る前にスマホを使うときは、36センチ以上顔から離して使うと
睡眠の質が下がりにくくなるという調査結果が発表されました。

米国のメイヨー・クリニックがレポートしています。

スマホなどのディスプレイから放たれるブルーライトは、夜見ると
睡眠の質を下げると言われています。これは、自然な睡眠サイクルを制御する、
メラトニンというホルモンが分泌されてしまうため。しかし、暗い部屋で
スマホとタブレットを見た時、顔から14インチ(約36センチ)程度離れていれば、
メラトニンの分泌を抑えられたということです。また、画面の明るさを低めに
設定することで、さらに効果が高まるという調査結果もあります。


36センチ離してみた
というわけで、実際に36センチ距離をとってみましたのが、本記事冒頭の
画像(モデルはタブロイド編集部の高橋)。これは結構…つらいですね。
文字も見えにくいですし、画面の明るさも下げるとさらに大変です。すっごい遠いよ!

これだけ離れてると、スマホよりはタブレットを使った方がよいでしょう。
スマホでも、「iPhone 6 Plus」ぐらいの大きさがあれば、そこそこ見えるかもしれません。
とはいえ、寝る前にスマホ・タブレット使用しても睡眠への影響が少なくなる
方法が発見されたのは、喜ばしいことだと思います。

睡眠時間を確保するのが難しいこんな時代からこそ、気をつけたいブルーライト。
みなさんも、ぜひ寝る前は「36センチ」をお試しください。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1334191

体勢的には辛いかもしれませんが、この方法は有用そうですね。
寝る前にどうしてもスマホいじっちゃう方は実践してみては。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

P029334 (1)
P029335 (1)
P029336 (1)




コメント

  1. 名無し

    そんなモンいじらずさっさと寝ろ

  2. 名無し

    ↑の言うとおり

  3. 名無し

    本当だわ
    アホな事してないで寝ろ

  4. 名無し

    むしろ使ってる途中で確実に寝落ちするんだけど

  5. 名無し

    寝る前に使う生活をかれこれ3年は続けてるけど睡眠の質が下がったとは思わない

  6. 名無し

    そのまま寝ちゃったら
    36センチ上からスマホが顔に落ちてくるわけだが

  7. 名無し

    スマホとか時代遅れな物使ってる奴って未だにいるの?

  8. 名無し

    どうしてこんなにホモが湧いてるんですかねぇ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング