衆院議員に海外から大量のサイバー攻撃 海外発信か 解散情報が狙われる? | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

衆院議員に海外から大量のサイバー攻撃 海外発信か 解散情報が狙われる?

P029275_s

衆院議員に海外から大量のサイバー攻撃。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


125738837438316221285_s

衆院議員や衆院事務局職員が公務用パソコンで使うメールアドレスに、
情報を盗み取ろうとする「標的型攻撃メール」が今月上旬以降、
大量に送られていることが22日、分かった。政府関係者が明らかにした。
中央省庁の職員にも同様のメールが送られていた。政府は、何者かが
組織的に安倍晋三首相による消費税再増税凍結や衆院解散方針を
めぐる動向を探ろうと情報収集を活発化させた可能性が高いと判断。

外国からの組織的なサイバー攻撃の可能性が高いとみて、内閣官房情報
セキュリティセンター(NISC)が被害状況の確認を急ぐとともに、注意を喚起している。

関係者によると、政府は今回送りつけられた、ウイルスが仕込まれた
添付ファイル付き「標的型攻撃メール」について日本でよく使用されている
ソフトの未知の弱点を利用した「極めて高度なサイバー攻撃」と断定した。
発見当時、中央省庁や衆院で導入中のウイルス対策ソフトでは
検知できないケースがあったという。

22日までに衆院議員(現在は前議員)とその公設秘書、職員のうち
計40人以上に送付され、少なくとも職員2人が添付ファイルを開封した。
衆院関係者は「開封したケースはあったものの、外部との通信は
行われていなかったため情報流出はない」としている。

ただ、衆院では送付先としてメールアドレスが大量に流出していた事態に衝撃を受けている。

中央省庁に比べ、今後も頻繁にサイバー攻撃にさらされる恐れがあるとみて、
NISCと協力して関係者に不審メールを開封しないよう呼びかけて
警戒を強めている。衆院では平成23年夏、サーバーに攻撃を受け、
議員らのパソコンがウイルス感染した。

当時の全衆院議員のIDと暗号化されたパスワードがサーバーから
外部に流出した形跡が見つかった。

全議員の受信メールが盗み見られる可能性があった。感染した
サーバーやパソコンはウイルスの作用で3つの不正サイトにアクセス。
これらのサイトは中国、シンガポール国内にあった。

NISCはウイルス感染に伴う情報流出の有無について
「(攻撃してくる)相手を利することになるので、明らかにしない」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00000054-san-soci

005442
外国の情報機関にしては、やり方が見え見えだな。

なんとなくだが
見え見えの解散情報なんて何の役に立つんだろうとか

油断ならないね。これが現実。

情報機関というより投機関連で情報がほしがっていた気がする。
国家関連のITて運用する側、使う側ともにあんまり危機感がないように思う。
しかもその割に規制強化をしたがる。

サイバー攻撃の9割は中国と韓国だと思う。これらの国の接続を
制限するだけで、かなりの被害を減らせると思うのだが?
もう中韓からのメールや通信は別サーバー使う位じゃないとダメかも。

普通に、
名前が最初で、@から後ろはみんな同じなんだろう。
一つ漏れれば全部推定できる。
メルアド自体が推定できるようなアドレスにしなければ良いんだろうけどね。
それでもアドレスが漏れるのは防ぎようがないと思う。
使えば知られるからね。

この時期にサイバー攻撃しなければならない事情でもあるのだろうか・・・。

メールで添付ファイルが届いて開くのは別に構わないが
心当たりのない人からのメールの添付ファイルを開くのは絶対にダメ
どうしても開きたいなら
感染しても初期化できるサブのパソコンを用意して
そこにファイルをコピーして開くのが基本だよ

アメリカでも似たようなのがあったね

相次ぐ海外からのサイバー攻撃、
いろいろな機関が頭を抱えています。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    中国だろ。はっきり書けよカスゴミの無駄飯食いども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング