「同情するなら金をくれ!」 → 200円だった | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「同情するなら金をくれ!」 → 200円だった

P029008_s

安達祐実さん、ギャラは200円。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


0030010005482

女優の安達祐実(33)が31日、TOKYO MXテレビのバラエティー番組
「5時に夢中」に出演。子役時代に親からもらっていた小遣いの額を
「ドラマ1話につき200円」と明かした。

番組内で“お金トーク”が展開された際、安達は「私のお小遣いは、
ドラマ1本200円って決まってました。1話200円で、取材受けると10円とか、
映画に出ると500円とか…」
と告白した。

安達は8歳だった1990年、テレビ朝日系「自由の丘に私が残った」でドラマデビュー。
91年にはハウス食品のCMで大ブレークし、94年に出演した
日本テレビ系ドラマ「家なき子」では「同情するなら金をくれ!」というセリフが
流行語となる
など、人気を不動のものにした。



そんな国民的人気の中でも、小遣いは普通の子どもと同レベルだったことになる。
安達はその対応に「両親のおかげで、金銭感覚が狂わずに済んだなと思います」
笑顔で話した。

とはいえ、自身が稼いでいたギャラとの“差額”は、貯金されていたわけではないようで、
「お家のことに使ったんじゃないでしょうか」と苦笑いだった。
http://news.livedoor.com/article/detail/9420621/

当時はお金まわりのいい時代でしたから、相当なギャランティだったでしょうね。
しかし厳格に小学生レベルまで制限するのはさすがの子想い・・・
かと思いきや、これいいように使われていただけかも?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    ママが使ってしまったんだね。いい親なら貯金していてくれて結婚した時とかに
    渡してくれるもんだけど。

  2. 経費以外使うなよ

  3. 名無し

    お年玉貯金しといてあげるからと一緒だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング