「会社の電話取るのは新人」は、古い常識? 共用受話器に「生理的拒否感」もつ若者も | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「会社の電話取るのは新人」は、古い常識? 共用受話器に「生理的拒否感」もつ若者も

P028973_s

新人が電話番というのは古い常識?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


resize

新入社員に、電話対応を任せる会社は少なくない。
お客様や、他部署からの電話にしどろもどろになり、苦労した人もいるだろう。
「新人が電話を取るのは当たり前」、そんな風潮に、疑問を呈する人もいる。


新人に「雑用」を押し付ける風潮 
 Q&Aサイト、「教えて!goo」には、「『代表電話は新人がとるもの』という
風潮がありますが」という投稿があった(2013年2月8日)。投稿者は、
「新人は会社の事をよく知らないし、電話を出たところで引き継ぐしかなく、
時間の無駄になるため、新人は電話に出ない方が良いと思う」
と主張する。

確かに、すべての電話に新人が対応していると、非効率なこともある。
先輩や上司に「引き継ぐだけ」では、本来、覚えるべき業務が
おろそかになってしまうかもしれない。

回答者からは、「私が入社した25年前はそうでした。電話に出て、
要件を聴いて、それなりに転送するのは結構、手間なんですよね。
今は時代が変わり、新人に電話は取らせません。あなたの言うように、
新人は会社の事よく知らないし、可哀そうなどという空気があります」
と、
一定の理解を示す声も寄せられた。また、「面倒で金稼ぎに直結しない
イメージの強い雑用は新人に押し付ける、という空気がある」
と、
「電話の取次ぎ=新人の雑用」とハッキリ言う人もいる。

一方、多くの回答者は、「新人が電話に出るのは、トレーニングの一環」との考えだ。
「電話の取次ぎをやっていれば、日ごろどんな相手と関わりがあり、
職場の誰がどんな仕事をしているのかが大まかに見えてきます。
会社のことをよくわかっていない新人だからこそ、積極的に電話をとって
会社のことを理解する手段のひとつとするべきです」という意見が
ほとんどを占めた。


「なるほど~これも時代か・・・」「働く気あんのか?」
新入社員が電話対応を苦手とする理由は、「育った環境にある」と
指摘する人もいる。人事コンサルタントの小笠原隆夫氏は、
「All About News Dig」に寄せたコラム、「若手社員が会社の電話を
取ろうとしない、2つの意外な理由」(2014年9月24日配信)で、
次のように分析している。

それによると、幼少期から、1人1台の携帯電話が当たり前だった
若者たちとって、「電話」は基本的に「知っている相手から自分あてに
かかってくるもの」という認識。そんな彼らが、社内外の知らない人からの
電話で「いきなり話すことは、あまりにもハードルが高い」という。

彼らは「ナンバーディスプレイ」が普及した世代でもあり、
「知らない番号には出ない」という習慣が身についている。
『固定電話は自分が出るものではない』という考えもある
らしい。

そんな今の若者にとって、電話は個人か、もしくは家族や友人など、
親しい間柄だけで共有するものだ。だから、「会社で中高年の上司や
その他の誰かが、口や耳を近づけていたものを触ることが生理的に嫌」と
感じる若手もいるという。小笠原氏は、そんな若者たちの心境を理解し、
「『これは仕事だから我慢して電話に出ろ!』とは、少なくとも私は
なかなか言えない」と、理解を示す。

記事は、フェイスブックを中心に拡散され、様々な反応が寄せられた。
「なるほど~これも時代か・・・」という人もいるが、多くの人は、
「自宅の電話と会社の電話は違うということから、教えないといけないのか・・・」
「てか、働く気あんのか?」と、電話を取る・取らないをめぐる
『若者の意識の変化』に、怒りを覚えたようだ。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1301375

メール時代でもあるので、若い世代の固定電話に対する意識というのが
だいぶ変わっているのは間違いありません。
新人に押し付けるか否か、いまは会社によりけりでしょうね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

comicon
P028974 (1)
P028975 (1)






コメント

  1. 名無し

    今時の新人さん達は、 自分の与えられた席にまで苦情を言うらしいですね。
      
    自己主張も結構ですが、 仕事というのは決められた仕事だけをすれば言い訳ではないですよ。
    会社にもよると思いますが、雑用と言うものは 目に見えるものだけではなく沢山あるんですから。
       
    それが嫌なら、そんな雑用を一切押し付けられないような 大手企業になるのでしょうか?就職するか
    自分で会社でも起こして頑張って下さい。

  2. 名無し

    電話ごときでごちゃごちゃ言う奴はもう仕事すんな

  3. 名無し

    暇ならまだしも、自分の仕事もまともにできない新人に余計な雑用までさせるなよ
    しかもその電話に手間取って自分の仕事遅れたら怒るんだろ?

    雑用は余裕のある奴がやるべき

  4. 名無し

    「嫌なら辞めれば」しかないでしょ。

  5. 名無し

    2で終了

  6. 名無し

    取り引き先相手で取り次ぐだけだったらまだいいと思うけど
    小売とかでのお客さん相手は新人が出ても話にならん

    まあ取り引き先とかでも誰が出てるか確認もせずに突然要件を話しだして
    担当とかに取り次いだら話すのが二度手間だってキレる老害とかもいるけどな

  7. 名無し

    そういう部下をうまく育て、使っていくのが上司の役目だと思う。

    少なくとも、※1とか※2みたいな育成・指示が出来ない、やろうともしない人材の下についた部下は

    上司にされたことと同じ事を繰り返すのがオチ。

    職場環境や会社自体をどうして悪化させたり、改善しようとしないのかね・・・。
    逆に不思議。

  8. 名無し

    新人の頃は言葉遣いや取引先の名前、担当者を知るためにも出るべき
    そして新人教育の一環なのだから皆、広い心で電話するべき
    新人に取らせるってぐらいだから中小企業だよな?
    大手に入らなかった自分に責があると思って諦めろ

  9. 名無し

    >働く気あんのか?
    電話取るために取ったんか?
    オペレーター業ならまず練習からやろ?いきなり紙渡されてこの通りとか相手を舐めてるとしか思えん指導方法やで
    んで今度は謝罪の練習かよ

    そりゃぁ辞めるで

  10. 名無し

    雑用として雇われたんでしょw

  11. 名無し

    電話かけるのも受けるのも緊張するし、億劫になるだろ

  12. 名無し

    >>7
    電話にも出れんヤツを育成とか無理だろ

  13. 名無し

    >社内外の知らない人からの電話で「いきなり話すことは、あまりにもハードルが高い」
    気持ちはわかるが、慣れるまでがんばろう

  14. 名無し

    家に固定電話がない、あってもかかってくることが無く
    直接個人個人の携帯で済む時代だからこそなのかもしれないと思った
    見ず知らずの人から電話がかかってくるという訓練をされていないからそういう思考にたどり着いてるのではないかと
    人の電話の仕草を見てると名乗らないケースが結構あるのに気づく
    携帯ならば相手は誰にかけてきてるかが明白だから
    出る方も登録されてれば誰からか出る前にわかるから
    互いに名乗り合わないでも済んでしまいそれがおかしいとかという考えも起きない

    ビジネス上での常識が欠落してるならば早いうちに補うことが
    その人個人のためでもあり会社のためでもある

  15. 名無し

    会社なら異動があって、いずれは自分が(下手すれば2年目、少なくとも3年目で)ベテランと言われるが
    その時でも新しく異動してきた人に電話取らせるのだろうか

  16. 名無し

    取引先とかの人間関係を把握するために一番いいトレーニングだと思うけどな
    まあそれが必要かどうかは会社によるんだろうけど

  17. 名無し

    知識のないうちは取り次ぐのは仕方ない
    そのあと、取り次いだ人がどういった話をしているか聞いてるといい勉強になるで
    いずれは同じような話になれば自分で対応できるようになる

  18. 名無し

    黙って給料に反映させれば良い。
    社会はそんなに甘くない。

  19. 名無し

    オレまだ29だけど、さすがに電話ぐらい取れw
    時間あるなら先輩もとってくれるだろうし、そういう雑用も仕事のうちだから。

  20. 名無し

    電話要員が居ない小さい会社なら特にそうだが誰が取るべきとかでなく電話に近い人で取れる人はとにかく取るべき
    新人なら取り次ぎや連絡先を聞いて判る人に折り返し電話させればいい
    電話をかける客からしたら相手の役職とか新人かなんて関係ない
    待たせずに電話を取るのがあたり前
    電話を取らない面倒くさがりが居るとビジネスチャンスが減るだけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング