任天堂が枕元に置くだけで「睡眠と疲労を見える化」できるデバイスを開発!健康事業に本腰か | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

任天堂が枕元に置くだけで「睡眠と疲労を見える化」できるデバイスを開発!健康事業に本腰か

ba1d9cbe

任天堂が枕元に置くだけで「睡眠と疲労を見える化」できる
デバイスを開発!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




r

任天堂は人々の生活の質を楽しく向上させるプロジェクト「QOL事業」
取り組むことで、取り組むことで事業領域の拡大を狙っていますが、QOL事業
第1弾のテーマである「健康」から、枕元に置いておくだけでマイクロ波によって
「睡眠と疲労の見える化」を計測する「非接触型・非ウェアラブルデバイス」が
第2四半期決算説明会で発表されました。

2014年10月30日(木)経営方針説明会 / 第2四半期決算説明会
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/141030/05.html

任天堂がQOL事業に踏み出したきっかけは、
「Non-Wearable(身につける必要がない)」
「Non-Contact(身体に触れる必要がない)」
「Non-Operating(操作の必要がない)」
「Non-Waiting(測定を待つ必要が無い)」
「Non-Installation Efforts(設置の手間が不要)」

のコンセプトである「Five “Non” Sensing」の実現のめどが立ったため。

デバイスには睡眠状態を自動計測する「QOLセンサー」が内蔵されており、
マイクロ波の非接触センサーによって身体の動き、呼吸、心拍などを、身体に
触れることなく自
動計測できます。
測定データはインターネット上のQOLクラウドサーバーに送られ、データを分析
することで、睡眠状態と疲労状態を「見える化」する、とい
う仕組みとのこと。

45l

岩田社長は今回のな睡眠計測デバイスがQOL(生活の質)を改善できれば、
「年齢・性別・言語・文化を問わず、非常に大きな可能性があるのではないか」
と語っています。
http://gigazine.net/news/20141030-nintendo-non-wearable/

AS20141029004900_comm


試みとしては面白いと思うのですが、これはどうなんでしょうかね。
似たようなデバイスという前例が思い浮かばないので、一般ユーザーに
どう受け取られるのか、その実用性はどれほどのものなのかまだ未知数です。

任天堂の健康事業第1弾、果たして成功するのか見込み違いな結果になるのか
今後の展開に注目であります。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


「スマブラWii U」  Amazon予約受付中!!












コメント

  1. 名無し

    おもちゃ屋の作るものは所詮おもちゃだの

  2. 名無し

    これは気になるなぁ

  3. 名無し

    スマホアプリにありそう

  4. 名無し

    もうあることない?

  5. 名無し

    センサーがどれだけ正確なデータを取れるのか
    疲れてるって分かってもどうやって改善すればいいのか
    このあたりがどうなるか気になるな

  6. 名無し

    玉ねぎを剥いて枕元に置くと眠りがいいとか

  7. 匿名

    オムロンがほぼ同様の機能の機器を既に出してる。
    HSL-101で検索してみて

  8. 名無し

    清々しいほどのパk・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング