「世界で最も親日の国は?」、中国人ユーザーの書き込んだ意外な答えとは | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「世界で最も親日の国は?」、中国人ユーザーの書き込んだ意外な答えとは

sa

世界で最も親日の国は?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


sa4f83342

2014年3月11日、中国最大のポータルサイト・百度の掲示板に「世界で最も親日な国は?」と題したスレッドが立てられた。そこに寄せられた多くの中国人ユーザーからの回答コメントのなかから、印象的なものをいくつか紹介する。

「台湾だろ。やはり」
「台湾は国じゃないよ」
「じゃあ中華民国で」

「日中国交正常化のころは、中国と日本、仲良かったよね」
「あの頃は日本がたくさんお金をくれた」
「円借款だから利息もある。ただでくれていたわけではない」
「無償援助がほとんどで、あとは利息があっても低かったり、インフラ整備だったり。すべてに利息があったとしても、貧しかった当時の中国にはとても助かったこと。第一、あれだけの大金をふつう貧乏人に貸すかい?」

「やっぱり中国だよ。日本に中国人がたくさん住んでるのがその証拠。日本語を学ぶ外国人のなかで中国人が一番多いし。日本製品だって好きだからね」
「日本語学習者は比率で言ったら韓国の方が多いんじゃないの?」
「私は親日派。でも父親は愛国主義者。それでしょっちゅうケンカになる」
「中国でしょ。アニメファン多いし」
「でもそれが日本好きとは限らない」

「インドネシアだよ。彼らの独立を手伝ったのが日本だもん」
「ブラジルでしょ。日系移民多いし」
「メキシコが一番親日だって前にテレビで見た」
「ドイツとイタリアも日本が好きだよ」
「ロシアも日本のアニメファンがめちゃくちゃ多い」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140314-00000054-rcdc-cn 

この記事へのコメント

user
親日ではないが、一番のストーカーは南トンスルランドw

user
 台湾の人達はみなさん親切やったで!

今まで何度か行ったが嫌な思い1度もした事ないわ。
 
user
台湾 トルコだろう

user
親日の定義が曖昧だが 
中国、朝鮮人は他国より親日が多いでしょう 
第二外国語で日本語選択する人や、実際に日本に住んでる人が圧倒的に多い 
白人、黒人や東南アジアだと好き嫌い以前のレベルではないかな 

どの国にも、1人や2人、日本が好きだって人はいるんでしょうけど、
嫌いな人や無関心な人もいることを忘れずに。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 



コメント

  1. 名無し

    >第二外国語で日本語選択する人や、実際に日本に住んでる人が圧倒的に多い
    スパイには必須だから

  2. 名無し

    ヨーロッパの国々は、総じてあまり日本に興味が無いと思う
    親日な国家は東南アジア辺りに多いと思う

  3. 名無し

    意外とアフリカのマイナーな国に、親日国があったりする。

  4. 名無し

    親日反日で他国を判断したら駄目だ
    損か得かで考えて欲しい

  5. 名無し

    基本的に親日は報道されないからね。ほんと日本を好きでいてくれる人に申し訳ない

  6. 名無し

    中国は親日も多いけど
    アレな反日が多くて打ち消されてる

    トンスルランドは論外

  7. 名無し

    世界一親日の国は絶対スリランカだろ。
    大統領が「我々は日本に賠償は求めない」なんて言ってくれたんだぞ。

  8. 名無し

    >>1

    これがすべてだな

  9. 名無し

    親日とか反日とか、感情論は無意味。
    親しみを持たせて気持ちを緩ませ、油断させるのは交渉の常套手段だぞ、
    ほら、最近、強い反日をしているが時々親日を見せれば油断するだろうと、
    日本を馬鹿にしていた特定2か国があったろ。
    最近その手段が通じなくなって焦っているみたいだけどなw

  10. 名無し

    とりあえず朝日と毎日を潰したらなにか見えてくるかもしれない・・・。

  11. 名無し

    基本的に中韓北以外には親しみをもって接するに越したことは無い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング