「独房の中で動物と同じ扱いを受けた」 イラン人女性がアメリカの刑務所で受けたひどい対応 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「独房の中で動物と同じ扱いを受けた」 イラン人女性がアメリカの刑務所で受けたひどい対応

s6eb2588e44119f62e9bf78c9f5b76348_XL

イラン人女性がアメリカの刑務所で酷い対応。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


6eb2588e44119f62e9bf78c9f5b76348_XL

2007年から2012年までの5年間、アメリカの刑務所に拘束されていたシャフルザード・ミールゴリーハーンさんが、「独房の中で動物と同じ扱いを受けた」と述べました。
 
36歳のミールゴリーハーンさんは、プレスTVのドキュメンタリー番組の中で、アメリカの刑務所に拘束されていたときの経験を語り、「もし私が本当に罪を犯していたなら、よりふさわしい方法で対応されていただろう」と述べました。
彼女は「もしあなたが本当に犯罪者なら、アメリカ司法省では優しい対応を受けるだろう」と述べました。
双子の娘を持つミールゴリーハーンさんは、「刑務所から裁判所に移送される前、鎖に繋がれていた」と強調しました。
さらに、「刑務官から侮辱的な対応を受けた。彼らは私に体のすべてが見えるようにかがむよう求めた」と述べました。
また、「イランの家族はアメリカのニュースチャンネルを通じて、私の逮捕を知った。私はイランに暗視スコープを密輸しようとした罪で逮捕された」としました。
さらに、「アメリカは私に、元夫を逮捕できるよう、夫をイランから出国させることができれば、政治的な保護を与えると提案してきた」と語りました。
ミールゴリーハーンさんの元夫は、暗視スコープをオーストリアからイランに密輸しようとしたとして起訴されました。
ミールゴリーハーンさんはこのドキュメンタリーの前半で、2007年に通訳者として夫のオーストリアに同行したことについて説明しました。
彼女は、ウィーンでアメリカ政府の指示により逮捕され、アメリカ政府が証拠を提示できなかったことを受けて釈放される前に、28日間ウィーンの秘密刑務所に拘束されていたということです。
彼女はその後アメリカで逮捕され、フロリダの裁判所から禁固5年を言い渡されました。
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/43910 

この記事へのコメント

user
逃亡されないための拘束と、身体検査じゃないん? 
たぶん全員やられてることだと思うけど何がだめなん? 

user
ここで言う「秘密刑務所」ってのは、おそらくCIAが世界中の複数所有していると言われる「秘密収容所」のことだと思われる。 
アメリカ国内には無いのでアメリカの国内法が及ばないて=拷問やり放題!…という恐ろしい所

user
はあ?ただの犯罪者の一味じゃんw 

この位、当たり前だ

真相は分かりませんが、泥沼化するんでしょうか。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 



コメント

  1. 名無し

    犯罪者の分際で何を言う

  2. 名無し

    犯罪者ではなかったのに疑いだけで逮捕されて動物と同じ扱いを受けたって話だろ

  3. 名無し

    つーかコメント元のソースも載せとけよあまえび

  4. 名無し

    そりゃアメ公からしたら、有色人種はイルカやクジラ以下だからな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング