福島市『高湯温泉』の湯に「老化防止効果」、温泉学者が発表 観光協会「調査結果を基に、福島の観光を改めてPRしたい」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

福島市『高湯温泉』の湯に「老化防止効果」、温泉学者が発表 観光協会「調査結果を基に、福島の観光を改めてPRしたい」

st

「源泉かけ流し宣言」の温泉に老化防止効果も。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


PH000670

東北で初めて「源泉かけ流し宣言」を行った福島市・高湯温泉の湯に、
老化防止や生活習慣病改善などの効果があるとの調査結果
を、
温泉学者として知られる札幌国際大の松田忠徳教授(64)が発表した。

同温泉観光協会は「原発事故で落ち込んだ利用客を取り戻したい」と話している。

調査は、同協会の依頼で松田教授が昨年9~11月に実施。
3泊4日の短期と、日帰り入浴を週2回以上2か月間行う
長期のモニターとして、24~79歳男女計46人の市民が協力、
入浴後に血圧や体温を測定して、最終日に血液検査を行った。

松田教授によると、調査の結果、46人中31人(67・3%)で、
老化や生活習慣病の原因とされる「活性酸素」を分解する
「抗酸化能力」が向上。14人は1・5倍以上高まったという。

血中の活性酸素濃度を示す「酸化ストレス度」の正常値も
実験前、長期モニターで26人中9人だったが、終了時は20人。
短期モニターも20人中10人になった。

松田教授によると、抗酸化能力が高まるのは、
湯に鉄イオンや水素分子などが含まれているためで、
源泉かけ流しで含有物質が減らずに湯船に届くのも理由という。

松田教授は「こんなに健康に良い温泉とは思わなかった」と話した。
同温泉観光協会の永山博昭事務局長(58)は「調査結果を基に、
福島の観光を改めてPRしたい」と語った。

高湯温泉は乳白色の硫黄泉が人気。
加水や加温をしていないことで知られ、震災前は年21万人が訪れたが、
原発事故で、同10万人を回復できていない。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140309-OYT1T00325.htm?from=main6 

この記事へのコメント

user
ここは硫黄が強すぎてダメだった
入ってるそばから痒くなる

user
効いているいないかはわからんが硫黄の臭いが三日間抜けない
血中成分は一週間~10日間維持らしいぞ

user
温泉に入れば、数値の向上はあるだろうよ 

user
突っ込み待ちか 

user 
数値が良くなったのは事実だからね 
ただ、宣伝としては良いけどアカデミアの研究としては比較は必須

やはり温泉は体にいいようです。
また以前のように活気づくと良いですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング