(速報) 「切り裂きジャック」の正体解明は間違いだった!DNA鑑定にミス、捜査は振り出しに戻る・・・ | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(速報) 「切り裂きジャック」の正体解明は間違いだった!DNA鑑定にミス、捜査は振り出しに戻る・・・

013115

「切り裂きジャック」の正体解明は間違いだった!
DNA鑑定にミス、捜査は振り出しに戻る・・・ ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



20b32e9a1a63b4e38a8f24482cf880ec
013117

あの“切り裂きジャック”の正体が判明!! 126年の真実 DNA鑑定が暴いた

 ↓

013116

先月イギリスのデイリー・メール紙は、126年の時を経てついに切り裂きジャック
(ジャック・ザ・リッパー)の正体が突き止めたと報じました。
切り裂きジャックの残したDNAから犯人特定にたどり着いたとされていましたが、
実はとんでもない冤罪だったとのことのです。
英インディペンデント紙の報道では、捜査を担当した科学者が、数の数え間違い
などを含むいくつものミスを犯していた
とのことです。

DNAは被害者の1人が持っていたショールから得られたもので、それによると
23歳のポーランド人の床屋アーロン・コスミンスキーさんが切り裂きジャックで
あったのではないかと、容疑者の1人として疑惑がもたれました。
とてもレアなDNA形状を発見したことから、彼を犯人に仕立て上げたようです。

【英国】126年目の真実。
DNA鑑定で切り裂きジャックの正体がポーランド系英国人 アーロン・コスミンスキーと判明
事件の遺留品のショールと被害者&容疑者の子孫からDNAを抽出し調査 



P026050_s
http://amaebi.net/archives/2192323.html

ところがこのDNA形状はレアでもなんでもなく、その変異はありふれたもので、
ヨーロッパ人の99%が持つ変異でした。
この割合なら、当時のヨーロッパ人のほぼ全員が切り裂きジャックであった
ということになってしまいます。

インディペンデント紙は、Louhelainenさんが小数点を打つ場所を間違えて
しまい、その結果変異の希少性が10倍も上がってしまった
のではないか、
と予想しています。
ってなわけで、捜査はまた振り出しに戻ってしまいました。
http://www.gizmodo.jp/2014/10/post_15746.html

もう1世紀以上前から語り継がれる「ミステリー」の代名詞的事件なので、
真相は闇の中・・・この結果の方が、良かったのかも知れません。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 子孫の立場もあるし


img0358_01

切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)事件は、1888年にイギリスで連続発生した
猟奇殺人事件の犯人の通称。この事件は未解決で、犯人の正体については
依然として謎のまま。 (wiki

事件概要
1888年8月31日から11月9日の約2ヶ月間にロンドンのイースト・エンド、
ホワイトチャペルで少なくとも売春婦5人をバラバラにしたが、犯人の逮捕には
至らなかった。署名入りの犯行予告を新聞社に送りつけるなど、
劇場型犯罪の元祖とされる。当時の定義づけによる精神病患者から王室関係者まで、
その正体については現在まで繰り返し論議がなされているが、1世紀以上経った
現在も犯人は不明。

切り裂きジャックは売春婦を殺人の対象に選んだ
犯行は常に公共の場もしくはそれに近い場所で行われ、被害者はメスのような
鋭利な刃物で喉を掻き切られ、その後、特定の臓器を摘出されるなどした

そのような事実から解剖学的知識があるとされ、ジャックの職業は医師だという
説が有力視されている



>ジャックの職業は医師だという説が有力視されている

ここでも高知能のサイコパス説が… ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

mig
サイコパスなのに社会的に成功するケースもあることが判明 ← 知ってる。あいつだろあいつ



ジャック・ザ・リッパー
エムスリイ エンタテインメント
2009-12-23





コメント

  1. 名無し

    マジか・・・あれだけ騒いで間違いかよ

  2. 名無し

    >劇場型犯罪の元祖

    知らんかった

  3. 名無し

    絶望ォーーーーに
    身をよじれィ 虫けらどもォオオーーッ!!

  4. 名無し

    ポーランド系の圧力に屈したかw

    移民の闇だなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング