(速報)松島法務大臣も辞任の意向 相次ぐ閣僚辞任 人事問題でエボラや消費税などは置き去りか | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(速報)松島法務大臣も辞任の意向 相次ぐ閣僚辞任 人事問題でエボラや消費税などは置き去りか

P028432_s

松島法務大臣も辞任の意向。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


2014-10-07_172606-thumbnail2

松島法務大臣は、みずからの選挙区の祭りで『うちわ』を配ったとして
野党から追及されている問題で、国会審議や法務行政に、これ以上、
影響が出ることは避けたいなどとして閣僚を辞任する意向を固めました。

松島法務大臣は、国会の予算委員会や法務委員会などで、野党から
「自分の選挙区の祭りで『うちわ』を配ったのは公職選挙法で禁じられた
寄付に当たる」と追及され、これまでの答弁で、「地元の有権者の関心が
高そうな法律の内容などを印刷し、討議資料として配付したもので寄付には
当たらない」と説明しています。
 
これに対し、民主党の階猛副幹事長は、17日、公職選挙法違反の疑いで
松島大臣の刑事責任を問うように求める告発状を東京地方検察庁に提出しました。
 
こうしたなか、松島大臣は、告発状が受理されれば、法務大臣の立場にありながら、
捜査の対象になることなどから、国会審議や法務行政に、これ以上、
影響が出ることは避けたいなどとして閣僚を辞任する意向を固めました。
 
松島大臣は、20日にも辞任の意向を安倍総理大臣に伝えるものとみられます。
すでに辞表を提出した小渕経済産業大臣と共に、松島大臣も、
先月の内閣改造で、内閣の重要課題である「女性の活躍」の象徴として
起用された閣僚であり、女性閣僚の相次ぐ辞任による政権へのダメージは
避けられず、政府・与党内からは、今後の国会審議や政権運営への
深刻な影響を懸念する声が出ています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141020/t10015534531000.html

相次ぐ女性閣僚の辞任。安倍政権には痛手になるかもしれませんが、
そもそももう何十年も繰り返されてきた足の引っ張り合い国会に
そろそろ国民もうんざり。田母神俊雄氏もこのように(↓)発言しています。
エボラ出血熱や消費増税、あるいは配偶者控除廃止や社会保障など
議論されるべき課題は置き去り。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯









コメント

  1. 名無し

    なら蓮舫もやめろ

  2. 名無し

    自民に一切投票しなかった俺は先見の明がありすぎた

  3. 名無し

    安倍は人ごと?

  4. 名無し

    やめなきゃ永遠に国会はうちわの話しか出来なくなるからだろ

  5. 名無し

    またいつものアホ政治に戻ったな
    民主党が居る限り、足の引っ張り合いを仕掛けてくるだけだから日本は沈没するしかない
    政策論争できる野党は居ないのか?

  6. 名無し

    田母神が正論すぎる
    国民はこんな低レベル権力闘争なんか辟易してんだよ
    真剣に今後について議論しろよ、罵声浴びせるために給料もらってんのか

  7. 名無し

    政策の審議中に国会の場でこんなやりとりすんなよ
    サビ残で別室でやれ

  8. 名無し

    ※5
    もう少しネットだけじゃなく色んな物事を見てから物言おうな

  9. 名無し

    ※4
    マジでこれ
    くだらん話を終わらせるには辞任しかない

  10. 名無し

    松島さんはまだ言うてもやめなくてもよかったろうに。小渕は当然として。。。足ひっぱり民主棚ぼたでメシウマくだらないショーだな国会劇場は

  11. 名無し

    >>9
    民主党が全員死ねばそうでもないんじゃないかな
    あいつら日本転覆させたいだけだから全員死ねばいいと思う

  12. 名無し

    どうせ辞めたら辞めたで次は「安倍の任命責任が!安倍も辞めろ!」で大騒ぎして国会は進まないんだろうな

  13. 名無し

    タモさん正解でFA。
    政策論争できない国会議員は全員辞めていただいて結構です。

    れんほーさいなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング