マラソンの川内優輝選手 奥多摩でトレーニング中にあわや遭難 「生きてることって素晴らしい」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

マラソンの川内優輝選手 奥多摩でトレーニング中にあわや遭難 「生きてることって素晴らしい」

P028426_s

マラソンの川内優輝選手が破天荒ぶりを遺憾なく発揮。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P028427_s

男子マラソンの川内優輝(27=埼玉県庁)が19日、9月中旬に行った
山道を走るトレイルランで、遭難寸前に追い込まれていたことを明かした。
「いろいろ甘かったです。ホントに甘い人間だと思った。もうあんなアホな
ことはしない…。ホントにやばかった」と真顔で振り返るほどの決死行だった。

10月3日のアジア大会に向けた調整のため奥多摩、秩父の境目付近の
山中に地図を持って乗り込んだ川内だが、安易な気持ちで登山道を示す
点線のルートに入ってしまった。「まさかあんなにやばい道とは思わなかった。
トレイルで点線には行くべきじゃない」。3時間で2キロしか進めないうちに、
完全に道に迷ったという。

自らの位置を失い、何度も崖から転落しそうになった。
「熊に襲われるんじゃないかと…」。持参した食料も、チョコレート5粒を残すのみ。
競技人生どころか、人生最大の大ピンチに立たされ、川内は心から謝罪した。
山に、そして大自然に。「“申し訳ございません”と謝りました。ずっと“生きたい、
生きたい”と考えていました」と言う。

木の幹をつかんで急斜面を登り、沢を2度も渡った。悪戦苦闘を続ける中、
祈りが通じたのか、登山ルートを示すピンクのリボンを発見した。
「あとはもう、ピンクのリボンを頼りに。リボンがなかったら…」。
岩にぶつけて、まだ痛む左手親指付近をさすりながら話す川内の目には、
まだ恐怖の色が浮かんでいた。

暮れてゆく山中、極限状態に追い込まれた川内に、1つの思いが去来する。
「生きてることって素晴らしい」――。この経験以降、走るという行為が、
瑞々しさを増した。「走れるって素敵なことなんです!」。整備された道路を
駆けることに、交通規制で環境が整ったレースを走ることに、
感謝の気持ちがあふれ出るという。

金メダルを目指したアジア大会では銅メダルに終わり、来夏の
世界選手権(中国・北京)の代表選考会には出場しない。全国各地のレースに参加し、
独自路線で強化を図る。「いろいろ日本中に出没するので!」。
山の怖さ、生きる喜び、駆ける楽しさ…。様々なメッセージを込めて、川内は疾走する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000007-spnannex-spo

005442
「あわや遭難:」って書いてあるけど、これ読むと、自力下山が
できたってだけで、十分「遭難」って呼べる内容ですよ。

最寄りまでは電車で行ってるはずなので、下界でボロボロの、
やぶれかぶれでの川内さんが電車に乗ってきたときは、何が起きたかと思ったろうな。

ここ最近お願いだからプロの指導を仰いでほしいかなって気がする・・・
出場している大会を見ているとあと一歩壁を破れないでいるような。
個人でできることってやっぱり限界があると思うだよな。

山=自己責任がここ最近、日に日に強くなるな。

こういう時だけ公務員だから賞金はもらえないとか、
訳の分からない規則はやめて欲しい。
公務員が規則だらけだから、第三セクターみたいなのができて、
結果ほとんどの人が怠けて赤字で倒産。
もっともっと柔軟に対応できないのか?と思う。
これ以上縛るのは好ましくない。
そして指導者は絶対必要と思う。

そろそろきちんとしたトレーナーいれてほしいね。資金もあるんだし。
そうゆうのに投資してほしいです。

この方の言葉って、普通なんだけど何か納得できる

真面目でいいんだけど、天然の不思議くんであることは間違いない。

とても真面目な方で好感がもてます。これからも頑張ってください。
 
さすが川内選手という逸話。タフですねぇ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    山を舐め過ぎだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング