ツキノワグマの「ゴンタ」が賢すぎる 失敗生かしワナすり抜け | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ツキノワグマの「ゴンタ」が賢すぎる 失敗生かしワナすり抜け

sgonta

ツキノワグマの「ゴンタ」が賢すぎる。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


bbcf2c6c

高知県内の山中で生態調査用のワナに
置かれたハチミツを、盗み食いしたツキノワグマ「ゴンタ」が、 
昨年8月に、徳島県内でも同じように
ワナをすり抜けていたことがわかった。 

四国自然史科学研究センター(須崎市)が
設置した2台のワナは作動していたが、
その中にゴンタの姿はなく、 
ハチミツを入れた容器はどちらも
元の場所から動かされていた。 
ワナはドラム缶(長さ1メートル、直径0・6メートル)
2本をつないだ構造で、高知も徳島も同様のもの。 
奥に置かれたハチミツを引っ張ると、入り口の
鉄製扉が閉まる仕組みで、隣り合わせに2台あった。 

昨年8月29日、徳島山中で撮影された写真では、
うち1台のワナで、ゴンタが腹ばいになり、 
落ちてきた扉を胴体で受け止めていた。
その後、後ずさりで脱出したとみられる。
このワナでは、ハチミツが残されていたが、
もう1台では容器ごと持ち出されていた。 

数日後には、高知のワナでも成功しており、
同センターの山田孝樹研究員は
「ツキノワグマは頭がいい動物。 
失敗を次に生かしたのではないか」と話す。 

現在、四国のツキノワグマは数十頭に減少。
同センターは、2005年から世界自然保護基金ジャパン 
(WWFジャパン)と共同で、行動範囲や性別、
年齢を調べるため、いったん捕まえて、 
全地球測位システム(GPS)を利用した
発信器を取り付けた後に放している。 
発信器のバッテリー交換のため、2、3年に1度は
捕らえる必要があり、ゴンタは05年と09年にワナにかかったが、 
今はバッテリーが切れており、行方がつかめていない。 
http://himasoku.com/archives/51835684.html 

この記事へのコメント

どこまで知能が発達するか実験するべき個体

面白がって調子に乗ってると襲われるぞ

そのうち猟とか農耕するんじゃね?

・中の人の特定が急がれるな

人間はこれを想像できなかったんか… 負けじゃないか 


そのゴンタくんの過去記事も面白いです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

009630
こんなクマ見たことない…ハチミツ手にワナ脱出  

★オススメ記事
稼げるオンラインスロットやろうずwww
エロゲーにハマり過ぎた結果wwww
【超朗報】合法オンラインスロットーキターーーーーー
ロリ系娘を犯しまくった結果・・・
めちゃくちゃシコれるエロゲって何よ?あ…無料エロゲでオナシャスw 



コメント

  1. 名無し

    罠に対応する知能が無いと思っている人たちが、、、、な、、、、;;
    まず、罠チッチャッw

  2. 名無し

    2メートルの罠か
    知能関係なくクマはただハチミツを取って出ただけ
    頭はたぶん使ってない

  3. 名無し

    何度も引っかかるかわいいくまちゃん

  4. 名無し

    写真が頭つっこんだおっさんにしか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング