高須院長が競走馬名騒動の真相を激白! 「出資詐欺だったかも」「馬の世界からは足を洗う」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

高須院長が競走馬名騒動の真相を激白! 「出資詐欺だったかも」「馬の世界からは足を洗う」

P028355_s

あの騒動の真相を院長自ら激白!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P028356_s
高須院長の馬名騒動 JRAはそもそも申請を受けていなかった!? 共同馬主が勝手に「通らないだろう」と判断 泥沼展開に

今回は、高須院長に降りかかった競走馬命名拒否騒動の真相について
語っていただきました。

* * *
 
──今回の競走馬の命名拒否騒動なんですが、なんだか大変でしたね…。
ひとまず、騒動の流れを振り返りますと、高須院長が古くからの友人に
共同馬主にならないかと誘われ、高須院長は命名権を持つことを条件に、
競走馬の価格の半額となる2500万円を出資したんですよね。

高須:そう。Sという男にアメリカでいい馬を見つけたから半額出さないかって
誘われてね。僕としては、賞金とか利益はどうでもいいから命名権をくれるなら
出してやろう、ってことで2500万円を出したんだよ。

で、どんな名前でもいいから3つ候補を出してくれって言われて、
「イエスタカス」「イエスイエスタカス」「イエスタカスイエス」っていう名前を出した。

──そうしたら、その名前では審査に通らなかった、と、

高須:Sの代理人から連絡がきて、「イエスタカスではJRAの審査に
通りませんでした」
って。「タカス」がダメだっていうんなら、「イエスカッチャン」でも
いいよって言ったら、「実はJRAがこの名前が相応しいということで、
すでに別の名前に決まっています」
って言うんだよ。
それで「話が違うじゃないか!」って怒り狂ってツイッターにつぶやいちゃった。

──その後フジテレビの『ノンストップ!』が馬名を審査する
「ジャパン・スタンドブック・インターナショナル」に取材したら、そもそも
「イエスタカス」という名前での申請自体がなかったっていうことが明らかになります。

高須:そうなんだよ。それで、馬を持っている別の友人が
「JRAのほうで馬に名前をつけることもないし、イエスタカスが
審査に通らない理由もない」って教えてくれたんだよ。どうやら、
Sは最初から僕に命名権を渡すつもりはなかったのかもしれないね。

──どういう目的があって、こんなことになったんでしょうか…。

高須:よくわからん。単純に「イエスタカス」っていう名前が
気に入らなかったのかもしれないし、別の理由があるかもしれない。

──なんとなく詐欺的なニオイもしますよね…。

高須:そう。たとえば、僕以外にも共同馬主がいて、それぞれに
半額の資金を募っていたかもしれないよね。ホステスがよく使う手口だよ。
「あなたのために豊胸手術をしたいから100万円サポートして」って
10人の客から金を引っ張って、100万円の豊胸手術を受けて、
さらに900万円儲ける、みたいな
ね。

──なるほど。この馬に2500万円を出した共同馬主が、高須院長以外にも
何人かいるかもしれない
ってことですね。

高須:もし「イエスタカス」っていう名前になったら、
「高須クリニックの院長も馬主なのか?」ってなって、別の共同馬主にバレちゃう。
だから、「ダッシングなんとか」っていう、覚えにくい名前がついたのかもね。

──たしかにありそうな話です…。ちなみに、お金は返ってきたんですよね。

高須:文句を言ったらすぐに返ってきたよ。むしろ早過ぎるくらい。
すぐに返せるお金が手元にあるんだったら、僕に共同馬主にならないかなんて
声をかけないで、最初から自分で買えよって思ったよ。

──まさに、そのとおりです。

高須:どうしても許せなかったから、真相を暴いてほしいと思って、
ツイッターでもつぶやいたんだけど、いやあすごいね、ネットユーザーは。
すぐにこの馬を特定して、Sの本名も割り出してきたよ(笑い)。

──さすがはネットユーザーの調査能力!

高須:でも、Sとはそれっきり連絡がつかなくなっちゃったんだよ。
大学生の時からの付き合いだったのになあ。なんだか悲しい話だね。
ただ、もう今回のことで懲りた。馬の世界からは足を洗うことにする。

もともとSとの付き合いで馬主をやってただけだし、その付き合いが
なくなったんだから、馬の世界にいる義理はないんだよ。いやあ、
でも悔しいよなあ。「イエスタカス」っていう名前の馬が、ダービーにでも
出ていたら、誇らしかったよなあ…。
http://news.livedoor.com/article/detail/9371565/
 
当初は、宣伝名はどうせ通らないからと気を利かせたのかと思いきや、
「イエスカッチャン」でもいい→「実はJRAがこの名前が相応しいということで、
すでに別の名前に決まっています」
という、“JRAが決める”というありえない展開だったようです。
これは怪しいニオイを感じざるを得ません。
院長が馬主業から手を引いてしまうのは少々残念ですが、
こんな感じの詐欺(未確定ですが)が親しい間柄でも行われるのかと思うとゾッとしますね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

馬主の一分 (競馬ベスト新書)
マイケル タバート
ベストセラーズ
2014-01-21





コメント

  1. 名無し

    どうでもいい

  2. 名無し

    これほど大口の出資者がいなくなるのは業界的にはマイナスだろう。JRAが下手を打ったわけでもないからどうしようもないけどね。

  3. 名無し

    たしかにどうでもいい。

    けど、この人が出した馬名は、やっぱり商売感出まくりだからJRAの審査は通らなかっただろうな。

  4. 名無し

    ※3
    JRA関係者でもないのに通る通らないを判断するお前の様な馬鹿がこんな所にも現れるとはなw

  5. 名無し

    どうでもいいし後だしでグチグチうるさい

  6. 名無し

    どうでもいいと言ってるおまえらの為の記事じゃねーから。

    どうでもいいならいちいち書き込むなや。

  7. 名無し

    どうみてもカモられてる感じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング