御嶽山噴火 地元観光、沈黙の秋…「不謹慎」批判 安全性アピールもできず | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

御嶽山噴火 地元観光、沈黙の秋…「不謹慎」批判 安全性アピールもできず

scf60cab4

御嶽山のある長野県木曽町で、自粛ムードが広がっている。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


PH003815

御嶽山(おんたけさん)の噴火で、山の麓の長野県木曽町の観光関係者が「沈黙」
を余儀なくされている。
犠牲者遺族や行方不明者家族の心情を考えイベントなど
を自粛しているにもかかわらず、噴火活動の影響が町にはないことを発信しただ
けで観光PRと捉えられ、「不謹慎だ」との批判が止まらないからだ。
「黙っている
しかない」。観光関係者は一様に口を重くしている。

「どうしてこんなことに…」。木曽町の開田高原にある男性(60)のペンションは、
閑古鳥が鳴いていた。今夏は長雨にたたられ、紅葉シーズンに挽回を期していた
が、御嶽山の噴火で宿泊予定者のキャンセルが相次いだ。

犠牲者や行方不明者の家族の心情を思えば、経営不振を口に出せない。男性は
「頭では理解できている」というが、さまざまな感情が入り乱れ、「心の整理がつか
ない」とも語る。

開田高原は御嶽山の火口から10キロ以上離れ、噴火による影響はほとんどなか
った。在来種である木曽馬の牧場や温泉施設は通常通りの営業を続けているが、
観光客の姿はまばらだ。

噴火直後、地元では風評被害を食い止めたいという思いから、観光関係者がツイ
ッターで安全性をアピールしたことがあった。
激励の声がある一方、心ない批判も寄せられた。観光案内所には「危険な場所に
観光客を呼ぶな」「行方不明者がいるのに不謹慎だ」といった意見が相次ぎ、
安全性のアピールは自粛することになった。

「観光客に安心してもらえたらと思っての情報発信だったが、軽率な行動だと捉え
られてしまった」。案内所の職員、向原充子さん(52)は残念がる。

同様の厳しい意見は町役場や町観光協会にも寄せられた。「山に登らせておいて
犠牲者が出たのだから、観光客が来なくなって当然だ」。そんな筋違いの意見すら
あった。
行方不明者の捜索活動が続いていることに配慮し、町内ではさまざまな
イベントを中止とした。だが、皮肉なことに相次ぐイベントの中止が風評を生み出し
た。「マスクを着けないと歩けないのか」。観光協会にはそんな問い合わせが
寄せられている。

風評被害を防ぐため、協会がホームページで火山灰の影響がないことや観光施設
の営業状況を掲載すると、批判的な意見が上がる。「不謹慎だ」などの指摘が電話
やメールで今も1日に数件寄せられる。

町観光交流課の職員は「犠牲者や不明者家族の心情を思えば、観光のことを考え
ている場合ではない」と語る一方、「『噴火の影響はない』という一言さえ発信し
づらい」
と、町に広がっているもどかしい思いを説明する。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141013-00000089-san-soci

005442
これはあまりに気の毒。影響のある場所をしっかりと広報することで、影響のない
場所との差を明確にするべきでしょう。木曽というだけで問題視されるのはあまり
に無知ゆえんじゃないかと。

正直、噴火の影響が何処まであるのか全くわからない。それよりも、今現在の
状況と、何処が危険で何処までが安全かをきちんと全国に伝えるべきだと思う。
それは不謹慎なんかじゃないと思う。地元の人が不謹慎だって言ってるなら
まだしも、他の県の人がいちいち口出してくるのはおかしいと思う。
もっとこういった地元の方の声も記事にしてもらえるといいですね。

街が泣いている。

いるだろうね、でも地元にしてみれば死活問題でもある訳だ
でも、噴火の心配はいつまでも続く訳でそれは専門家に予測してもらって
広報するしかないだろうね
現状は大きくアピールはできなさそうで気の毒としか言えないな。 

震災の時も、色んなところで不謹慎だって叩かれて自粛ムードに入ってましたが、
復興のためには支援することが必要なんですよね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

se 
御嶽山噴火 人体の一部を複数収容 
 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング