殺処分数に大きな差 「ペット先進国」のドイツと日本の違いは法にあり? | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

殺処分数に大きな差 「ペット先進国」のドイツと日本の違いは法にあり?

steir

ペット先進国・ドイツ 犬の殺処分ゼロが実現できる理由。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


syu

今、日本で飼われている犬猫は約2,061万頭。うち1,087万頭が犬である(’13年・
一般社団法人ペットフード協会調査)。こんなに多くの人が犬と暮らしているにも
かかわらず、日本人の犬に対する意識は低い。

法律上、犬はモノ扱いで、街中で誰もが簡単に子犬を買える。そして、年に16万頭
(’12年・環境省統計)を超える犬猫が殺処分される。それにひきかえ「ペット先進国」
のドイツは、殺処分が0頭!街は幸せな犬たちで溢れている。日本との違いは何か。
犬と人が幸せに暮らす秘訣をベルリンで探ったーー。

teir

ベルリンの中心から約10キロ、車を20分ほど走らせると、世界中の動物愛護団体
が手本にする「ティアハイム ベルリン」(「ティア」は動物、「ハイム」は家の意味)が
ある。コンクリートのモダンな塀の中に入ると、一面の緑と水。まるで美しい公園だ。
動物臭はまったくせず、こんなに清潔でのどかな施設に1万頭もの動物がいるとは、
にわかには信じ難い。

睡蓮が咲き乱れるお堀を渡った先には、円形の「犬棟」がいくつも連なっている。
部屋の中は暖房完備の9個の個室(6平方メートル)に分かれていて、それぞれに
テラス(9平方メートル)が。個室の前に置かれた写真付きカードには、その犬の
性格や年齢、特徴などが事細かに書かれている。
訪れた人は施設内を自由に
見学でき、スタッフに頼めば散歩もさせてもらえる。取材当日も、たくさんの人が
見学に訪れていた。

なぜ、ここでは「殺処分ゼロ」を実践できるのか。広報のエヴァマリー・ケーニヒ
さんに話を聞いた。

まず、ドイツでは動物保護法で動物の殺処分は禁じられています。病気の場合
でも、獣医師ほか何人もの専門家が『ほかに方法がない』と証言するまで安楽死も
できません。
この施設で殺処分をしているという風評があるそうですが、約1千頭
いる犬猫のうち、病気やけがによる安楽死は1年に1件あるかどうかです。昨年は
1千335頭の犬を引き取り、1千325頭を譲渡しました。特に問題のある犬は譲渡
せず、生涯面倒をみます。いちばん長い子は、もう7年もここにいますよ」

昨年は、実に99%以上が新たな飼い主に引き取られている。ちなみにおととし、
東京では783頭の犬が施設に引き取られ、うち160頭が殺処分された

(東京都福祉保健局発表)。

ドイツでは約530万頭の犬が飼われているが、これは日本の約半分だ。入手ルー
トはブリーダーや知人から譲り受けるか、ティアハイムから引き取るしかない。
一部の特別地区を除き、生体販売は法律で禁じられている。日本のような、ペット
ショップがないがゆえに、安易な気持ちで犬を飼うこと自体が難しい。飼うことを
決めてから、さらに何年も待つ人も多いという。

「ドイツには『犬税』(ベルリンは1頭目は120ユーロ/年、2頭目からは1頭につき
180ユーロ)があります。『犬の法律』では、飼い犬に散歩や十分な運動をさせる、
人や犬とのふれあいを持たせるなど、飼い主の義務が明記されています。また
『動物保護アドバイザー』がいて、散歩をしないなどの虐待が疑われる場合、市民
が通報します。アドバイザーが訪問指導し、3カ月後にも改善が見られない場合は、
獣医局が犬を保護することも。ドイツ人は犬をパートナーだと思っているので、
それに見合った扱いをするんです

ドイツでは犬の不遇を社会が許さず、多くの飼い主には犬を飼う覚悟がある。パー
トナーのためには時間を使うし、できるかぎり一緒に過ごす。もちろん安易に“買う”
こともない。それがベルリンの人がごく当たり前に実践する、犬と人が幸せに暮らす
方法だった。 
http://news.livedoor.com/article/detail/9350307/

やはりドイツはこのあたり進んでいますね。
日本はお金が絡むとある種ドライなところがあり、
動物愛護法もモノによっては形だけとなっています。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 


 


コメント

  1. 名無し

    白人の説教はうんざりだ

  2. 名無し

    ペットを飼うのに税金かけるのはいいと思う
    安易に飼いたいとか言い出すアホが少しでも減ってくれれば御の字

  3. 名無し

    で?

  4. 名無し

    早く日本もドイツのようにペットに対して責任を持つ国になって欲しい 動物が可哀想すぎるよ

  5. 名無し

    ドイツには殺処分施設がないだけで所有者のいない犬猫は普通にハンターによって射殺されている。

  6. 名無し

    まあドイツはドイツとして、日本の場合は「模範的な飼い方=楽な飼い方」という領域を目指せば良いんじゃないかと思うが。

  7. 名無し

    実家が田舎の山の中で五年に一回位捨ててく奴がいたわ。泣きながら逃げた思いで。犬嫌いました。

  8. 名無し

    捨てるくらいなら買うなって思うわ

  9. 名無し

    殺処分が減らない理由は簡単だ

    1)飼い手のモラルが低い
    2)責任放棄時の法的罰則・社会的罰則が緩い
    3)ペットを無断投棄したときのデメリットがない

    欧州と比べるときは背景も比較しないとただのゴシップだ

  10. 名無し

    日本人も口だけ、見栄っ張りってことだよな。
    所詮、朝セン人や、中国人と一緒w
    サッカーの試合で日本人はゴミ拾いしてるとか、人が見てるところでだけいい人ぶってるだけ。
    実際は、論理を用いて弱者をはめることしかしない人種。
    強いやつには、尻尾振って、弱いやつ見つけては叩いてるからな。
    その矛先が、ペットなんだよなぁ。

  11. 名無し

    ペット飼うのを、オーストラリアだっけ?みたいに、免許制にしたらいい。
    特に、売るほうは、厳しい資格を設けてほしい。

  12. 名無し

    ドイツはこれ、やり過ぎだっていう感じで、
    他国から笑われてるネタなんだよ。
    この手に事業に関わる人間の儲け手段になってるし。

  13. 名無し

    日本は殺してハイ終わり!だからあかんねん。
    食うたらええだけの話やねんか。

  14. 名無し

    なんだ、生体売買を禁止するだけでいい話じゃん

  15. 名無し

    ドイツは猫の毛皮を密輸入してるけどな。
    「ドイツでは猫の毛皮がリウマチや神経痛に効くとの根強い信仰があります。その他にも謝肉祭で猫嫌いの一派が用いる仮装用などで猫の毛皮が用いられます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング