遺品整理業者のトラブル続出 貴重品を無断回収、見積もり4倍請求 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

遺品整理業者のトラブル続出 貴重品を無断回収、見積もり4倍請求

sm90413236

故人の遺品整理をめぐって、業者とのトラブルが相次いでいる。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


s39545main

故人の遺品を片付ける「遺品整理」をめぐり、貴重品の無断回収や大幅な追加
料金など業者とのトラブルが相次いでいる。
1人暮らしの高齢者などの「孤立死」が
増加傾向にあり、今後も遺品整理業者に対する需要は高まるとみられ、国民生活
センターなどは優良業者を見極めるよう呼びかけている。

国民生活センターや社団法人「遺品整理士認定協会」(北海道千歳市)によると、
業者が無断で貴重品を回収してしまったり、料金の増額を求めたりする例が頻繁
に聞かれるという。

南関東に住む60代の女性は平成24年9月、父親の遺品整理をリサイクル業者に
依頼。業者は仏像や花瓶など高価なものを女性に無許可で次々に持ち去った。
何をどれだけ持っていったのかも不明だという。

関東地方に住む50代の女性は今年7月末、70代の母の遺品整理を業者に依頼
した。見積もりは約30万円だったが、作業後に請求されたのは約120万円。
見積もりを安く提示し、作業後に大幅な増額を求める悪質業者の典型だった。

同協会によると、遺品整理業者は1人暮らし人口が多い関東圏を中心に増加傾向
にあり、現在は全国に約9千社が存在するという。

利用者には、故人と疎遠になっていた遺族だけでなく、故人への思いが強いがため
に遺品に触れることができない遺族もいる。相場も分かりにくく、泣き寝入りする
ことが多い。一方の業者側も、仕事を始める際に行政機関への届け出は不要で、
経験不足が目立つ。

国民生活センターは「見積もりを細かく出し、内容を説明できる業者を選んでほしい。
作業に立ち会えば、突然見つかった貴重品についてのトラブルも防げる」と注意を
呼びかけている。

約14年にわたって同業を営む「遺品整理の埼玉中央」の内藤久さん(54)=さい
たま市中央区=は、業者を見分ける視点として「見積もりの根拠を説明できるか」
「過去のトラブルを答えられるか」などを挙げる。家族間で各自の貴重品を一覧表
などにまとめておくことも勧める。内藤さんは「故人との思い出をきれいなまま残す
ためにも、選ぶ目を養ってほしい」と話している。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000068-san-soci

005442
ほとんどの人が立ち会わないんだろうから、目が届かないし生前のありようも
知らないんだろうな。故人とそんなに頻繁に連絡も取り合ってないと知れば、
もう業者の思うが侭。

貴金属類は、アウト(悪徳ネコババ)だろうけど、素人の骨董品やコレクションは、
がらくたか転売できるか難しいだろうね。通常は、一応売れるけど、タダ同然
みたいなケースが多いと思う。処分代がいる場合と高く売れるケース等色々
だけど、見積もり上は、処分費計上か業者転売やオークション出品手間を考え、
ゼロ計上だろうね。

業者は、ボランティアではないから、想定より高く売れても(儲けても)見積もり費用
を請求してくるのは、当然。それ以上だと、問題だけど。登記類、通帳類、現金・
貴金属、貴重品ぐらいは、身内で回収するべきに思いますね。

見積もりが違う云々は遺品整理が現場の状況によって違ってくる変動性の
あるものだから一方的に悪徳とも言えないかも。。

業者もたくさんいるようですから、予め評判のいいところを探しておきたいですね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



 


コメント

  1. 名無し

    そもそもゴミ屋だからね。

  2. 名無し

    ややこしい奴らばっかり

  3. 名無し

    廃品業者は、精肉、皮革とおんなじ、特定地域の産業でした。
    そのため、未だにその地域出身と名乗るヒト達が多いのです。
    あえて、何所とは、言いませんがw

  4. 名無し

    >>3
    句点多くて文が汚い
    同和教育と併せて小学校から出直してこい

  5. 名無し

    記事に出てくる被害者もいい加減だな。
    仏壇なんて触られたくないし、隔離するだろう?
    必要ならばその周辺に集めて立入禁止とするべきだ。

    廃品業者に何を求めているのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング