御嶽山犠牲者の遺品のカメラ 「帰宅」の夜に起こった不思議な出来事 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

御嶽山犠牲者の遺品のカメラ 「帰宅」の夜に起こった不思議な出来事

scf60cab4

遺品のカメラ、「帰宅」の夜だけなぜか写真が・・・。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


PH003751

55人が死亡した御嶽山おんたけさん(長野・岐阜両県境)の噴火で、犠牲者たちの
遺品が遺族の元に戻ってきた。

火山灰にまみれたカメラ、噴石で穴が開いたリュックサック……。かけがえのない
家族と最期まで共にあった品々に、遺族は面影を重ね、思いを継ごうとしている。

 ◆「父の思い出」

その赤いデジタルカメラは火山灰がこびりつき、白くなっていた。

ボランティアグループの仲間5人と御嶽山へ出かけ、亡くなった長野県松本市の
無職若林和男さん(66)が最近買ったばかりのカメラ。登山や釣りなどに出かけては
風景を写真に収めるのが大好きで、次女(34)は「御嶽の自然を撮るのも楽しみに
していたようだ」と話す。

若林さんは今月1日夜、カメラと共に無言の帰宅をした。カメラは修理が困難なほど
壊れていたが、その夜だけ、中に残る撮影済みの写真を、なぜか見ることができた。

御嶽の景色や一緒に登った仲間の笑顔、登山前に撮った孫の顔――。若林さんが
愛したものが、そこに数多く収められていた。 
http://news.livedoor.com/article/detail/9341525/

1
Nikonではないですか・・・。たぶん見るところは違うけど。

霊が乗り移っていて開放されたんだよ。

うーん、これ、電池が切れたってことじゃないかなぁ、と。


ちょっとしたスピリチュアル的なものを感じますが、
できればこんなことにならず無事に下山してほしかったでしょう。
ボタンを掛け違わなければ、いまごろこのカメラで別の写真を
撮っていたことでしょうね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

P027563_s
御嶽山 噴火の前兆現象が捉えられていた? 登山客が撮影
 


コメント

  1. 名無し

    ん?
    本体壊れててもSD抜いて見れるんじゃ?

  2. 名無し

    信仰心強い奴は霊感が強い;;
    世界中でこれは普遍的な事実だと思う。
    ちなみに、故人を中傷するつもりは無いが、
    無神論者にとってみると、霊感=勘違いなんだけど。。

  3. 名無し

    データは抜けるでしょ?

  4. 名無し

    メモリーカード無いの?

  5. 名無し

    1眼の場合は本体のみにしか保存できない機種もある

  6. 名無し

    コンデジのP600か
    SD抜けば見れるだろな。

  7. 名無し

    SDカードを「フィルム」って言ったりして、いっぱいになったら新しいカード買うって人結構居るし。
    PCに取り込んで見る、って事しない人達では?
    それに、「親父さんの霊のおかげ」って思いは壊せないよな。

  8. 名無し

    昔じいさんの通夜の日に近くの送電線に雷が落ちたみたいで持って行ってたノートPCがうんともすんとも言わなくなった。
    葬儀が終わって精進落としを食していたら突如復旧。
    みんなに「じいさんは新しもの好きだったから持ってたは良いが使い方が分からなくて返してくれたんだろう。」と言われた。
    まぁその後半年と持たずに完全に壊れたが。

  9. 名無し

    >>6
    こんなんコンデジって呼んでいいのかよ…
    http://imgsv.nikon-image.com/products/compact/lineup/p600/img/product_01_g_A_06.jpg

  10. 名無し

    >>9
    どこから見てもコンデジだろ。

  11. 名無し

    >うーん、これ、電池が切れたってことじゃないかなぁ、と。

    無粋だ、が、ほぼ的確w

    記事を見れば分かるが、壊れたとか、データは消えてたとか、余計なことは一切書いてない。

    要するに
    『カメラは修理が困難なほど壊れていたが、その夜だけ、中に残る撮影済みの写真を、なぜか見ることができた』
    これはウソではない。
    翌日見れない原因が、電池切れや、完全に故障する一歩手前、だったとしても、記事は成り立つし、ウソは言っていないw

    これを霊の仕業だ、とか言う奴は、大体この手の商法に騙されるタイプ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング