(やめてくれ) 来春の花粉飛散量は前年比2倍!! 地図が真っ赤www | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(やめてくれ) 来春の花粉飛散量は前年比2倍!! 地図が真っ赤www

P027782_s

花粉飛散量が悲惨なことに。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


来春の花粉は 前年比で東京は2倍以上

日本気象協会は、来シーズン(2015年春)の花粉飛散予測を発表しました。
昨シーズン(2014年春)の飛散数に比べると、特に、関東や東北では
非常に多くなる所がある見込みです。東海、北陸や近畿も多い予想です。
中国、四国や九州はほとんどの所が少ないと予想しています。

1

●2014年夏の天候が飛散数を左右する

花粉の飛散数は前年の夏の気象条件が大きく影響します。
一般に、「気温が高い」「日照時間が多い」「雨が少ない」と、
花粉のもとになる花芽が多く形成され、翌シーズンの花粉の飛散数は多くなります。

2014年の夏は太平洋高気圧の西への張り出しが弱く、
日本付近には湿った空気が流れ込みやすい状態でした。
●雨は、九州から四国、中国で雨の所が多く、豪雨による災害も発生しました。
●日照時間は、九州から東海では、いわゆる「日照不足」でした。
●気温は、「北暑西冷」と表現できる傾向で、福岡と広島など
猛暑日の回数がゼロという所もありました。
 
こうした夏の気象条件から、特に、九州や四国、中国は花芽は
形成されにくい気象条件になりました。

2

こうしたことから、来シーズン(2015年春)の飛散数は、前年(2014年春)に比べると、
九州と中国・四国は少ない予想です。
しかし、近畿から東北にかけては多くなる見込みで、特に関東や東北では
非常に多くなる所があると予想されます。
大阪はおよそ1.5倍、東京では2倍を超えると予想されます。

3
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/anzaihiroko/2014/10/08/16781.html
 
少ないところもあれば多いところもあるという感じですが、
関東では軒並み例年の倍。
全部北の方に流れてくれないかな。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    スゲーな、花粉症じゃ無いから気にしてないけど。

  2. 名無し

    来年から引きこもり安定だな

    …俺就活だった

  3. 名無し

    花粉に慣らせる治療法が保険きかせるって話が今になってもきかない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング