任天堂が長い間隠し続けた『著作権侵害者』に送る「警告書」がネットに流出 | あまえび速報

任天堂が長い間隠し続けた『著作権侵害者』に送る「警告書」がネットに流出

任天堂が長い間隠し続けた『著作権侵害者』に送る「警告書」がネットに流出

563290d4.jpg



衝撃的なタイトルですが、事実です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

「任天堂法務部」と言えば、この業界では誰もが恐れ今では「日本でもトップクラスの弁護士団」
と言われています。

何をそんなに恐れられているかと言うと、戦った方はまず、負けるから。

そしてめっぽう著作権にうるさく、一度目をつけられたらその時点で最後だと言う話まで
あちこちのサイトで書かれています。

事実、任天堂法務部は世界規模でも大手会社と何度か裁判でやりあって、いずれも勝訴しています。

少し例をあげれば、1982年にあった「キングコング裁判」
この事件はあの世界中誰もが知っている「ユニバーサル」相手に勝ってます。

任天堂のゲーム「ドンキーコング」は、映画「キングコング」の著作権を侵害している

18b001dd.jpg


7d484bdf.jpg



ユニバーサルの訴訟内容は単純明快で、素人の自分が聞いたら「その通り、どう見てもあれがモデル」
と思ってしまうんですが、任天堂は以下のように切り返しました。

訴訟にあるユニバーサル映画の「キングコング」は、1976年に製作されてます。それ以前の1933年にRKOが製作した元祖「キングコング」があるはずです。この作品はリメイクです。あなた方ユニバーサルは、「リメイク権」を獲得しているんでしょうね?持っていない場合、任天堂の「ドンキーコング」が「キングコング」のモデルなら、あなた達の「キングコング」はモデルどころではなく完全な盗作です。まさかそれで訴えるとでも言うのですか?

こんな発言が出せるのは、事前に徹底調査したからに違いありません。
事実、ユニバーサルは「リメイク権」を持っていませんでした。
ユニバーサルは敗訴し、逆に160万ドルの損害賠償金を任天堂に支払うことになったそうです。

いや、恐るべし任天堂。(`・ω・´)

恐るべし、問題のすりかえ(´_ゝ`)


本題に戻します。

このように「任天堂法務部」は時には大掛かりな裁判もやりますが、実際日常は細かな事件の方を
多く扱っています。

知らぬ間に消えていく任天堂関連グッズを販売していたサイト、不法ROMをアップしていたサイト
とにかく任天堂に関わるものは、いつの間にかその姿を消しています。
この不気味な現象はなんでしょう?

実はここにも「任天堂法務部」が暗躍していたようです。


まだ記憶に新しい人もいるかと思いますが、以前このサイトで取り上げた「DS自作エロゲ発売中止」の報道。

ab1ea664.jpg



開発元「TeamDSX」発売中止のコメント

中止及び開催に至る経緯に関しては、お話できない事情が有りますのでどうかご容赦下さい。
中止理由に関してはこのブログでも、他所でも今後一切明かす事は有りません

この時の「お話できない事情」とはなんだったんでしょう?

今回、その謎が流出文書によって明らかになりました。


任天堂のファミコン向けゲームソフトを、NTTドコモの「iアプリ」に変換してくれるサービス
「NES2FOMA」が大好評の中、2007年12月に突然の閉鎖。

2f6cd9b1.jpg



利用中だったユーザーから苦情と再開を望む声が寄せられ、次のようなコメントが出されました

サービス終了致しました。株式会社任天堂をはじめとする多くのゲームメーカの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。今後、このようなことのないよう、法令遵守に気をつけて参りたいと思います。過去の任天堂ファミリーコンピューター用のゲームを遊ぶ際には、任天堂社製Wiiのバーチャルコンソールなどをご利用ください。今後とも、株式会社クレイジーワークスを宜しくお願いします。

読んですぐにピンと来るのは、「任天堂から何らかの警告があったであろう」と言う事。

そしてこの「お詫び」のページが、最近になって何故かサーバのファイル一覧が見られる
ようになっていたと「GIGAZINE」さんのサイトにタレコミがあったそうです。
タレコミ投稿者は「「ndex.htmlをリネームしてしまったのだと思います」と意図せぬ操作ミスを予測しています。

以下、その一部です。

2f6ed8c4.jpg


eb322b54.jpg


46422a5e.jpg


a4d1d85e.jpg




最も注目すべき点は最後の文書の締め部分。

ここを読むと、なぜ今までこのような任天堂からの警告書がネット上に出てこなかったのか、
その謎が明らかになります。

a5be8f27.jpg



この最後の「これをネットに公開するな、もしした場合は…」と言う念押しが、これまで
謎になっていた答えだと思います。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

いや、恐ろしいですね。
もし、自分がこの警告書を貰っていれば、恐くてもちろん公開なんかしないでしょう。

自然、
経緯に関しては、お話できない事情が有りますのでどうかご容赦下さい。
理由に関してはこのブログでも、他所でも今後一切明かす事は有りません

てな告知文しか出せなくなります。

この件に関する詳細は「GIGAZINE」サイトで公開されています。

「GIGAZINE」   ・・・→  (`・ω・´)ポチ


「これをインターネット上に公開するな」…( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


………。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




しまった、このブログもやべぇっ!!(´□`||)ガーン

427cec82.jpg








コメント

  1. Jordan Shoes

    ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング