配偶者控除見直しで議論 主婦世帯でも共働き世帯でも税負担軽減額が同じになる「税額控除」を導入するアイデアなど複数案が示される | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

配偶者控除見直しで議論 主婦世帯でも共働き世帯でも税負担軽減額が同じになる「税額控除」を導入するアイデアなど複数案が示される

P027697_s

配偶者控除の見直しで引き続き議論が行われています。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


006_s

中長期的な税制のあり方を検討する政府税制調査会は6日、
基礎問題小委員会を開き、配偶者控除の見直しを議論した。
現在は専業主婦世帯に有利になりがちな制度の改革に向け、
専業主婦世帯でも共働き世帯でも税負担軽減額が同じになる「税額控除」を
導入するアイデアなど複数案が示された。政府税調は改革に向けた
「たたき台」を年内に示し、数年かけて見直しの結論を得たい考えだ。

現行の配偶者控除は、専業主婦やパートで働く妻の年収が103万円以下なら
夫の課税所得から一定額が差し引かれる仕組み。ただ現行制度の場合、
専業主婦のいる高所得者世帯ほど税制面の恩恵を受けているとの問題が
指摘されている。

同日の会合では、専業主婦世帯でも共働き世帯でも中立的になる
制度づくりに向けた複数案が示された。

現在の配偶者控除は、課税所得を計算する前に夫の年収から38万円を
差し引く「所得控除」の仕組みとなっている。これに対し、一橋大の
佐藤主光教授は、所得税額を計算した上で定額を差し引く「税額控除」に
した方が「給与の手取額が計算しやすくなる」
と主張した。

政府税調の中里実会長(東大教授)は、高所得者ほど配偶者控除で
受ける利点が薄くなる仕組みを提案した。政策研究大学院大の大田弘子教授は
「今の配偶者控除をやめ、児童向け税額控除を創設すべきだ」と腹案を示した。
中里会長は「いずれのメニューにもプラス、マイナスの両面があり、
時間をかけて議論したい」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141006-00000014-fsi-bus_all

005442
1歳児育児中の妊婦ですが
保育所は足らない
残業がある仕事にはつけない
子供が体調崩せば呼び出される
家事と子育ては今まで通り
過労死するわ
だったら未婚で子供なくていいって
思う人が増えると思うけど。
そんなん議論する前に
議員定数削減した方が
よっぽどか支出減るけどどうなの?

良く分からんけど結果増税にはなるんだろ?

徴収しやすいサラリーマンから巻き上げる発想をまずやめて頂きたい。
高所得のサラリーマンは頑張ってその地位についてるんだし。
まずは外形標準課税で納税してない中小企業や個人事業主からの
徴収が先でしょ?専業主婦=悪みたいな構造はどうかと思う。

本当はオリンピックをとかやってる場合じゃないんだよな。

子供がいない時には配偶者控除の意味ってわからなかったけど、
小さい子供を持って子育てに時間を使うようになって、
なかなか思うように働けなくなってから配偶者控除の意味がわかった気がする。
小さい子供がいればなかなか長時間は雇ってもらえないし、
働きたくても短時間の仕事は少ない。働いても行事や保育の都合に
合わせてというのはやはり休みづらい。時代が変わってきたとはいえ、
まだまだこのような側面もあるのでは。

共働きでも保育料やら何やらでプラスマイナスゼロ、むしろマイナスだけど、
将来子どもが大きくなった時を考えたらやめられない、
今は我慢の時と思って働いてます。
でも、午前様のパパに育児も家事も頼めないので、仕事、育児、家事の両立で
過労死するんじゃないかと思うことがあり、一度本気で仕事を辞めるか悩みました…
もっと男の人が仕事以外にも時間が使える世の中にならないとダメですね。
それにしても週末、お金かけずに家族で遊んでるのに、
一杯何百円もするドリンクを頼んでる中学生や高校生を見ると
あの子達のがお小遣いあるんじゃない?と思うことがあります。
生活必需品は非課税、嗜好品や贅沢品は課税にしてくれたらと思います。

議論が始まったのは良いこと。
時代にあった制度にしてもらいたい。
あと税金は効果的に使って欲しい。

なんで専業主婦とか共稼ぎとかのくくりにするのかな?
専業主婦だって、生活は苦しいけど子どもや介護の関係で働けないとかあるはず。
どうして、世帯収入が高い場合とかにできないかな?

それよりも
会社員がなくなった場合、配偶者への年金減らされるけど
公務員が亡くなった場合は配偶者の年金が減らされないとは
どういうことですか?
ずるくないですか?


世の奥さん方に、育児専念ではなく労働力として市場に出てほしい、
そして見せかけの経済成長やGDPアップに貢献し、
さらに「女性の社会進出」で国際的に褒められたいという、
少子化に真っ向から反逆する政策内容。
これでは一切心が豊かになることはありません。
そして足りない育児介護労働力には安い国からの移民。
これから先、いろいろとほころびが出てくるでしょう。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    専門家が集まって何バカなことばっかり言い合ってんだ?
    世帯収入の合計額から税額を算出すればいいだけじゃねーか
    103万円の壁とか騒いでるけど、旦那の所得が低ければ103万でも足りない
    単純な仕組みであれば2世代、3世代住宅でも対応できる

    どうせ財務省と厚労省が年金加入者数と納付額を上げようと必死なんだろ
    見え見えなんだよクソが

  2. 名無し

    >会社員がなくなった場合、配偶者への年金減らされるけど
     公務員が亡くなった場合は配偶者の年金が減らされないとは
     どういうことですか?

    ソース出せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング