「うまい棒」にまつわる3つのトリビア 10円のまま販売し続ける企業努力に感動 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「うまい棒」にまつわる3つのトリビア 10円のまま販売し続ける企業努力に感動

ssPH003584

「うまい棒」にまつわるトリビア。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


umai

(一部省略)
■「うまい棒」の穴にはこんな秘密が
「うまい棒」のファンならば、まんなかに穴が空いている理由について思いを馳せた
ことがあるはず!もしかしたら、「穴を空けて材料をケチるためじゃないか」と考えた
こともあるかもしれません。
しかし、そうではありません。あの穴はサクサクした食感を演出するためのもので
あって、よりおいしく食べてもらうための工夫。また、穴をあけることで衝撃に強く
なり、割れたり折れたりせずに輸送できるというメリットもあるそうです。
製造するコストを考えたら、穴を空けない方が安くすむはずですが、お金をかけても
しっかりした商品を!というのが「うまい棒」(を販売している株式会社やおきん)の
伝統なのです。

■増税しても一本10円を守る理由
一本10円という破格の安さも「うまい棒」の人気の秘密です。学校の遠足の際は
大量に買い込みましたよね?
実は「うまい棒」が登場した1979年は第二次オイルショックの年で物価が高騰し
ていた時期で、駄菓子やから10円のお菓子が次々と姿を消していたといいます。
これでは、子どもがお小遣いで買えるお菓子が減ってしまうと考えたやおきんが
「何か10円のお菓子をつくって、子どもたちを喜ばせたい」と考えてできたのが
「うまい棒」というわけ。
 
これは、消費税が導入されて、その税率がどんどん上がっている今も変わりません。
製造工場のオートメーション化や関係各社の協力などによってコストを極限まで
切り詰めて、30年以上も10円のまま、値上げをしていないのです。

■「たこ焼き味」だけ食感がちがう理由
「うまい棒」を食べ慣れている人であれば、一つだけ他とは明らかに食感が違う
味があることに気づいているはず。そう「たこ焼き味」です。
通常の食感が「サクッ」なら、たこ焼き味は「カリッ」と、ちょっとかたいというか
歯ごたえがあります。
この食感は「たこ焼き味」だけに使われている「ソースの二度焼き」製法によるもの。
一度タレをつけて焼いた後に、粉をつけてもう一度やくことで濃厚な味とカリカリの
食感を生み出しています。
本物のたこ焼きに近づけるため、あおさや紅ショウガまで配合。その熱意や恐るべし
といったところですね。

本書には、「うまい棒」の知られざるエピソードの他、10円でどうやって利益を出して
いるのかというビジネス上の秘密も明かされており、ファンは必見。
何気なく食べていた駄菓子の裏側をのぞいてみれば、「うまい棒」がさらにおいしく
感じられるかもしれません。 
http://news.livedoor.com/article/detail/9308916/

1
近所のスーパーだと、明太とチーズしか売ってない……うまい棒をスライス
した、うまい輪のほうが手軽で好きだ

やおきんさんは優しいイメージがあるので、この新書欲しいと読みたいと思うのだが!
帯びがなぁ…..

だって昔に比べて小さくなってるものw 企業努力はあるだろうけど、利益を生むって
のは魔法じゃないのだから。

いつもありがとう「うまい棒」。これからもどうか10円でよろしく。


やおきんは神。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    うまい棒そこまで好きじゃない。

  2. 名無し

    どんどん小さくなるのが、どこが企業努力だ。

  3. 名無し

    リスカ

  4. 名無し

    リスカとやおきんは経営が兄弟

  5. 名無し

    私は近くのコンビニは一本9円だから
    10円払って何故買うのかが分からない人です。

  6. 名無し

    めんたい味の味が変わったあたりからめんたい味はあまり食べなくなったな・・・

  7. 名無し

    うまい棒は両手のひらで挟んでゆっくり押しつぶすと綺麗に4本に割る事が出来るんだよな

  8. 名無し

    パッケージの印刷の色とか減らせばもっと安くなるんじゃないの
    努力とか以前の問題でしょ。 ステマくさい

  9. 匿名

    一方チロルチョコはバーコードの表示を理由に20円に値上げした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング