ついに2分台が出た! ベルリン・マラソンでケニアのデニス・キメット選手が2時間2分57秒の世界新記録で優勝!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ついに2分台が出た! ベルリン・マラソンでケニアのデニス・キメット選手が2時間2分57秒の世界新記録で優勝!!

P027255_s

ついに2分台の世界新記録が出ました。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P027256_s

ベルリン・マラソンは28日、ベルリンで行われ、男子のデニス・キメット(ケニア)が
2時間2分57秒の世界新で優勝した。ウィルソン・キプサング(ケニア)が
昨年のこの大会で出した2時間3分23秒を26秒更新し、
史上初めて2時間2分台に突入した。
 
2位は2時間3分13秒でエマニュエル・ムタイ(ケニア)。
日本勢は外丸和輝(トヨタ自動車)が2時間11分25秒で10位、
山本亮(SGHグループさがわ)が2時間12分49秒で13位だった。
 
女子はティルフィ・ツェガエ(エチオピア)が2時間20分18秒で優勝した。
福士加代子(ワコール)は2時間26分25秒で6位だった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00000062-jij-spo

005442
またすごい記録が出たもんだ!
もしかしてフルマラソン2時間切りの時代がいつかくるのだろうか?

凄い時代になったものだ。どうやったら太刀打ちできるのん?

凄い時代になったな
どれだけ記録が伸びるか楽しみだ

頑張ってますね。
アフリカ人身体能力はすごいね。

そんな高速で42.195キロを走りきるなんて、人間業とは思えない。
ある意味陸上競技で1番過酷で凄い種目だと思う。

元々素質のある、アフリカ系選手が科学的な最先端トレーニングを
出来る時代になったら、こうだろうね。
元々欧州系やアジア系では難しい種目であるのも事実。

時速20キロで2時間走り続けるのは、普通のママチャリでも厳しいと思う。

日本の2時間11分も良い記録だが、ここまで来ると
駆け引きなんか通用しないな~

マラソンに限った話ではないが、こう記録が伸びてくると、
人間の限界はどこにあるんだろうと思う。
いくら人間が進化しても、フルマラソンを5分では走れない。(時速500km)
となると、どこかに限界があるわけだ。
それがどこかを知りたい。
そして、それに達してしまったとき、陸上競技の
存在意義はあるのかも気になる。



ついに2分台出ましたか・・・。
2時間切りも近いかもしれませんね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


 



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング