実は稼げるって知ってた? 意外と知らない「個性派資格」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

実は稼げるって知ってた? 意外と知らない「個性派資格」

sd5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_l

実は稼げる個性派資格を6つ紹介。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


hqdefault

(一部省略)
■初生ひな(ひよこ)鑑別師
個性派資格の中で、最も有名なのがこちらの「初生ひな(ひよこ)鑑別師」ではない
でしょうか。簡単に言えば、孵化したヒヨコのオス・メスを瞬時に判別するお仕事。
1日に8,000~10,000羽のヒヨコと戯れるそうです。

一見楽しそうですが8時間労働の場合、1分間に16羽ものヒヨコを鑑定しなければ
ならないため、よくよく考えてみると苛酷さが分かりますね。
相当根気のいるお仕事だからか、平均年収500~600万とも言われており現在は
世界各国から引く手あまたの状況とのこと。

試験は、筆記試験・実技試験・面接など。いくつか試験区分があるのですが、平均
合格率は50%未満と難易度は若干高めです。何より手先の素早さと正確さが要求
されます。

■色彩士検定(1~3級)
色彩士検定は、「社会的評価として色の知識や認識を評する」検定で、職業あるい
は実生活における「色」の役割をどこまで理解しているかが求められる資格です。

この資格を有すると、カラーコーディネーターやインテリアデザイナー、ファッション
関連など多くの発展が見込めるでしょう。例えば、法人向けカラーコンサルティング
なんていう働き方もあるかもしれませんね。年収相場は不定ですが、将来性・発展
性ある優良な資格だと思います。

試験は、理論問題と実技試験。合格率は3級75%、2級55%、1級平均20%程度と
され、2~3級までは比較的難易度低めです。

■葬祭ディレクター
葬祭ディレクターは、葬祭業界で働く人にとって必要知識や技能レベルを審査する
制度。葬祭ディレクション業務は超高齢化社会の日本において、社会的重要性を
増している職業です。価値観の多様化から画一的な葬儀だけではなく、今後より
幅広い知識と柔軟な発想が必要。ただ将来性は抜群だと言って良いでしょう。

試験は、学科試験と実技試験。合格率は、1級63.8%、2級73.9%となっており試験
対策は必須かと思われます。

■クリーニング師
クリーニング師は、読んで字の如く「クリーニングの専門家」に相応しい技能者を認定
する資格です。クリーニング店は、その事業所ごとに1人以上の資格者を置かなくて
はならないため、この資格を取れば食い扶持になるかもしれません。

「全国クリーニング生活衛生同業組合連合会」の発表によると、平成24年度の全国
クリーニング事業所は約120,000ヶ所(取次ぎ店含む)とのこと。働き口はまだあり
そうですね。
全国的な割合では福井県、富山県、山形県など日本海側の方が店舗数
が多い模様。年間雪日数が多く、年間日照時間が短い同地は利用者も多いので
盛んなのですね。

試験は、学科試験と実技試験。合格率は、70~80%と易しい部類に入る資格です。
狙い目かも。

■余暇生活相談員/余暇指導開発士
余暇生活相談員は、端的に言えば「余暇時間を有効活用できるように助言する」お
仕事。主な業務は、自治体と連携して「余暇」をテーマにしたイベント主催などで
しょうか。

ボランティア的要素が強い職業なため、マネタイズするにはイベント会社の立ち上げ
や法人専門の相談員として仕事を請け負うなど+αの要素が必須。

ただ現在の日本は余暇に対する考え方が変わりつつあり、今後の活躍に期待が高ま
ります。上位資格の「余暇指導開発士」なら、より秀逸な武器になること間違いなし。

試験は、主催団体の通信講座及び書類審査など 合格率:90%以上と合格率高
(余暇生活相談員の場合)

■東京シティガイド
東京シティガイドは、首都・東京の成り立ち、そこから生まれた文化などを学んで海外
や国内のお客様に紹介できる人材を認定する資格。

特段仕事はなさそうなのですが、合格すると定期会合で穴場スポットや最新ニュース
を収集できるため、それをデートや合コンで使えばめちゃくちゃモテる可能性アリ。
最終的に高収入の奥さんを貰って、「主夫」になれるかもしれない素敵な資格。ある
意味で最も食い扶持になる資格なのかもしれません。

試験はマークシート式のテスト。合格率は、87.3%と易しいです。 
http://news.livedoor.com/article/detail/9299972/

1
鑑別師は狭き門、その他は需要以上の供給が不必要で職自体無いという・・・。

どれも怪しげな資格ですねwww

一番稼げないのが中小企業診断士のような気もする


持ってれば、自慢も出来るかもしれませんね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



 


コメント

  1. 名無し

    クリーニングはやめとけ
    あれは体力的につらい

  2. 名無し

    色彩士検定は絶対違う。
    そもそも最低限のセンスが備わっているのは都心以外でもゴロゴロいるので、
    就職するのもフリーで活躍するにしても強力なコネの方が必要。というか無いと話にならない。
    有名な所ほどブラック企業。家にもまともに帰れない。
    …そもそも資格が基本的に不要な分野。

    後付けで検定が出来たぐらいで、意味不明。

  3. 名無し

    飲み会のネタぐらいしか、使い道が思いつかん。

  4. 名無し

    もっと他にあるやろ

    資格もってっても儲け方は人それぞれ

    ようはやり方・・・。資格なくても儲かる方法はいくらでもある

  5. 名無し

    糞田舎に住んでるけどクリーニング屋は潰れず残ってるな
    都会と違って競争もほとんどなさそうだし、食うには困らないかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング