田中将大投手が今季最終登板で最悪の結果に 7失点・50球KO ヒジの状態は・・・ | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

田中将大投手が今季最終登板で最悪の結果に 7失点・50球KO ヒジの状態は・・・

P027241_s

田中将大投手、最終登板で結果が残せませんでした。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P027242_s

「肘に異常が無かったことが最も大事なこと」
ヤンキースの田中将大投手は27日(日本時間28日)、ボストンでの
レッドソックス戦に先発登板し、1回2/3を投げて7安打7失点(自責5)、
2奪三振、2四球と打ち込まれた。メジャー自己最短で降板し、
5敗目(13勝)を喫した。今季最終登板を飾ることができず、チームは4-10で敗れた。

右肘痛から復帰して2試合目は自己最多の7失点KO。
持ち味の制球が定まらず、2回途中までに50球を要する苦しいマウンドだった。

ESPN(電子版)は「忘れるべき一日」との見出しで報道。
「田中がまだ楽天で新人だった2007年の3月29日のソフトバンク戦で
1回2/3で6失点して以来、こんなにひどい登板は無かっただろう」と、
珍しい乱調ぶりを取り上げた。

いい形で今季を終えることはできなかったが、田中が右肘に
痛みを訴えていないことが一番の朗報だろう。ESPNは
「田中将の肘に異常が無かったことがヤンキースにとって最も大事なこと」との
見方を示した。来季のキャンプに向けて準備を進める見通しが
立ったことについては「大きな落胆を残して終わろうとしているシーズンにおいて、
最も前向きなことだ」と伝えている。

だからといって、手術の不安を払拭できたかというと、そういうわけではない。
同記事は今季開幕直後に右肘を手術したイバン・ノバ投手を例に挙げ、
依然手術の不安が残っていることにも触れている。
「今回痛みが出なかったからといって、来季の春季キャンプ中、
もしくは開幕後に痛みが再発しないという保証は得られない」

慎重な姿勢を崩していない。

田中は右肘痛から復帰後2試合に投げて1勝1敗、防御率7.71。
今季通算では20試合に先発し、13勝5敗、防御率2.77という
成績でメジャー1年目を終えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00010003-fullcount-base
 
今回の大量失点でシーズン防御率もだいぶ上がっちゃいましたね。
13の5ならそれだけでも十分ですが。。。
爆弾抱えてるとなると来シーズンもヒヤヒヤしながら見なければなりませんね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

005442
それでも13勝5敗、防御率2.77という1年目の成績。

今年は怪我差し引いても良くやった 1年目だし・・・
まだ完全復調とはいかないな・・・肘に不安というのは心配以外ないな・・・
来季のためにゆっくり休んで完全復調待ってます・・

まだ慎重になっているところはあると思う

こんな消化試合で、無理して投げる意味なんかあったのか?
結果、シーズン最後がこれじゃ、後味の悪さしか残らないし。

消化試合での『リハビリ登板』
この試合の評価など無意味だろう。

まぁ13勝5敗は充分な数字。
逆に田中は勝って当たり前とか信じてる人の方がおかしい。
球の速さだけでも田中以上の選手は何人もいるのに、
来年以降は勝率五割以上なら充分だと思うよ 


 



コメント

  1. 名無し

    松坂と同じ道を辿りそう

  2. 名無し

    メジャーなんて金を稼げればいいんだよ

  3. 名無し

    メジャーに出荷したらすぐ壊れるとか不良品掴ませすぎだろw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング