御嶽山噴火 「もう生きて帰れないと思った…」空から軽トラック大の石が降る悪夢のような光景 ひざ上まで積もる灰 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

御嶽山噴火 「もう生きて帰れないと思った…」空から軽トラック大の石が降る悪夢のような光景 ひざ上まで積もる灰

s11248b82-s

現地の詳細な様子が入ってきました。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


sPH003510

「本当に生きた心地がしなかった」。御嶽山が噴火した際に頂上付近にいた長野県
飯島町の山岳ガイド、小川さゆりさん(43)は、興奮した様子で当時を振り返った。

朝からガイドの下見のため御嶽山に登っていた小川さん。午前11時40分ごろ頂上
に到達し、火口を回る「おはち巡り」をしていたところ、突然「ドカン」と大きな音がした。
驚いて音がした方向を向くと、石を空中に飛ばしながら、一気に煙が噴き出していた。

まもなく強い硫黄臭が漂い、嘔吐する登山客もいた。
火山灰とともに、周囲に直径1メートルぐらいの大きさの石が飛んできたため、急いで
岩陰に隠れた。まもなく、もう一度「ドカン」という音が鳴り、今度は軽トラック大の石が
飛んでくるようになった。
巨大な石は地面にぶつかって割れ、破片が四方八方に飛び
散った。黒い雨が降り始め、雷も鳴った。灰はひざ上まで積もった。「もうダメだ」。
そう思った。

噴火当時、頂上には50人ぐらいの登山客がおり、女性4人組のグループの1人は、
飛んできた石が左足に当たり、骨折してパニックになっていた。「救助してあげたかっ
たが、どうにもできなかった」

噴火の勢いが一時的に弱まったすきに、普段通らないルートをまっすぐ突っ切り、
一目散に走って9合目にある石室山荘まで下りて助けを求めた。依然として石も飛
んできたが、頂上付近にいたような巨大な石はなく、ほっとしたという。
「もう、生きて帰れないと思ったけど、なんとか生還することができた」。そう語る小川
さんの髪には灰や粘土状の火山灰が付いたまま。リュックは灰色の火山灰に覆わ
れていた。

黒沢口の7合目にある山小屋「行場山荘」。経営者の田ノ上徳延さん(67)は突き
上げるような音で噴火に気づいた。灰は1時間近く降り続き、「数センチにも達した」
という。噴火当時は土曜日の昼前という最も登山客が多い時間帯。8合目の山小屋
「女人堂」には一時100人超が避難した。中には骨折していた人もいたという。

木曽町のペンション「ロッジ上天気」では、宿泊客の1人が噴火当時、頂上付近にい
たという。「命からがら逃げた」とペンションに連絡があったが、その後は携帯電話が
通じなくなった。「噴火する山だということは知っていたが…」。経営する寺本勝司さん
(52)は肩を落とした。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00000562-san-soci

005442
今日という日が悪天候だったならば、きっと登山もしていなかっただろうに。
本当にあそこにあの時間にたまたまいただけでこんなことになってしまうとは。

それ石じゃない…もはや岩…

想像を絶する恐ろしさだっただろう、、、怪我した人を助けられなかったの
頭に焼き付いて離れなさそう

重大ニュースなのに報道の扱いが軽薄なこと。
しょうもない番組をタレ流しているマスゴミに呆れている。


やはり相当な様子だったようですね。
登山客の安否が心配されます。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

sff292cc3
御嶽山噴火 32人大けが10人以上意識不明
 


コメント

  1. 名無し

    ちょうど土日に当たったのが運が悪かったな
    昨日だったらまだ被害者が少なかったかもしれん

  2. 名無し

    天気も良く、土日で、さらに登山に最適な季節な上にお昼っていう最悪に近いタイミングだったからね。。。

  3. 名無し

    何をしたっていうんだよ

  4. 名無し

    岩が飛んでくるって、映画じゃんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング