「八月一日」なんて読む? 日本の珍しい苗字・10選 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「八月一日」なんて読む? 日本の珍しい苗字・10選

P027174_s

本の珍しい苗字10選!全部読めますか。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


bafd4083e37b1a5ba40372947c45d058

日本の苗字の数はおよそ30万種といわれ、個性豊かな苗字も沢山存在します。
今回は日本に存在する少数派の苗字をピックアップしてみました!

【1】見学
読みは「けんがく」。師を見て学ぶという仏教用語がもとになっているといわれる。

【2】三丁目
読みは「さんちょうめ」。宮城県や岩手県あたりが発祥といわれている。

【3】回り道
読みは「まわ(は)りみち」。和歌山県にある地名の「廻り道」が発祥といわれている。

【4】素麺
読みは「そうめん」。宮崎県発祥と言われ、実際に素麺を
はじめとした麺を扱う仕事に関係していたのではと考えられている。

【5】猫屋敷
読みは「ねこやしき」。岩手県発祥とされ、現在では北海道にもみられる。

ここから先は、読みの難しい苗字が続きます。
果たして、あなたは実際にこれらの苗字の方にお会いした際、
正しく呼びかけることができるでしょうか?
ちなみに、説明には読みのヒントが隠されていますよ!

【7】七五三掛
「七五三」は結界を意味する言葉で、魔除けのためお正月に
玄関先に飾るしめ縄(七五三縄・注連縄)とも読みや意味が共通。
読みは……「しめかけ」。

【8】八月一日
旧暦の8月1日に稲の「穂」を「摘」んで祀(まつ)った祭祀からきている。
読みは……「ほづ(ず)み」。他に、「はっさく」「やぶみ」という読み方もあるそう。

【9】勘解由小路
京都にある小路の名前で、平安時代の官職「勘解由使(かげゆし)」庁が
あったことからその名がついた。読みは……「かでのこうじ」。

【10】卍山下
日本にある苗字の中でも「卍」をつかわれるのはこれだけだそう。
明治期につけられた僧侶の苗字。
読みは……「まんざんか」「まんじやました」。
http://news.livedoor.com/article/detail/9293447/

見たこと無い苗字もいっぱいありますねぇ。
一生のうちに出会うかどうかも定かではありませんが、
雑学ネタとして覚えておいて損はないでしょう。

最近では素っ頓狂な名前とセットで、とんでもない氏名になっている人も
ちょくちょく事件の犯人なんかで見かけますね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

sPH003457
“声優のアイコ”こと神いっき被告、医療的措置のため勾留停止に






コメント

  1. 名無し

    水廻(すもうり)
    これも全国で数件しかないはず

  2. 名無し

    「奥」って苗字のやつが昔知り合いに居たな
    奥さんの奥さんとからかわれてた

  3. 名無し

    神で「じん」って読みの名字はたまーに見かけるけど
    神で「かみ」って読みの名字を持つ同級生がいたな

  4. 名無し

    神ですすみません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング