「STAPはES細胞に酷似している」と理化学研究所の研究員が論文発表 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「STAPはES細胞に酷似している」と理化学研究所の研究員が論文発表

sPH003433

STAP細胞は「ES細胞に酷似」との論文が日本分子生物学会誌に掲載された。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


sobokata-haruko

理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)らが発表した
STAP細胞は、別の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)に酷似しているとの
遺伝子解析結果を理研統合生命医科学研究センター(横浜市)の遠藤高帆(たか
ほ)上級研究員がまとめ、23日までに日本分子生物学会誌(電子版)に論文が
掲載された。

理研広報室は「STAP細胞の存在を否定する論文だが、細胞の存否は検証実験や
残された試料の解析なども踏まえて総合的に判断する」としている。

遠藤氏はSTAP論文(撤回済み)に併せてインターネット上に公開された遺伝子デ
ータを独自の手法で解析。一塩基多型(SNP)と呼ばれる遺伝子の塩基配列の
違いを調べた。

STAP細胞には8番染色体が通常の2本ではなく3本になる異常があった。この
異常があるマウスは胎児の段階で死ぬはずだが、小保方氏らは生後約1週間の
マウスからSTAP細胞を作ったと説明していた。
この染色体異常はES細胞を培養するとよくみられる現象で、遠藤氏は「STAP
細胞はES細胞に非常によく似ている」として、ES細胞が混入した可能性を指摘
した。

STAP細胞に増殖能力を持たせ、胎盤にも分化できるとした幹細胞は2種類の
マウス系統の雑種から作ったとされたが、解析でその特徴はなかった。幹細胞は
ES細胞に加え、胎盤を形成する栄養膜幹細胞(TS細胞)という細胞も混じった
可能性があるとした。 
http://news.livedoor.com/article/detail/9284186/

ESとすり替えたのでは、という指摘もありましたが、
ガチかもしれませんね・・・。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

sPH003285 
(STAP問題)バカンティ教授「STAPは簡単に再現できない。研究者のテクニックに負うところが大きい」
 


コメント

  1. 名無し

    ん~・・・勘違い?テヘペロ

    ~終了~

  2. 名無し

    コレ逆にES細胞って言ってる人がSTAP細胞だったってオチも何例かあるんじゃ
    STAPをESと見間違える可能性があるなら逆もあるだろ

  3. 名無し

    ねえよアホ
    作り方が全然違う

    別の細胞コンタミさせるとか学生以下の技術だな

  4. 名無し

    意図せず混ざったならコンタミだけど、これは意t(ry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング