「今でしょ」の林先生が東進ハイスクールとの摩擦を明らかに 「一緒にやっていくのは不可能と判断」 問題文作成を降板へ | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「今でしょ」の林先生が東進ハイスクールとの摩擦を明らかに 「一緒にやっていくのは不可能と判断」 問題文作成を降板へ

P026983_s

林先生が東進ハイスクールとの摩擦を激白。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


intro

大学進学予備校東進ハイスクールの人気講師・林修先生が、
同校職員と考え方に摩擦が生じたため、模試の問題作成から
降板していたことを21日、ブログで明らかにした。

それによると林先生は今年の第1回東大本番レベル模試まで、
現代文の問題は「僕が責任をもって作成いたしました」という事実を
打ち明けた上で「その後もすべて作成するつもりでおりましたが、
それが不可能な事態に陥りました」
とトラブルの存在を示唆。
「今回は(正確には今回以降は)、僕は一切作成に関わることはありません」と
9月28日に実施される模試以降、問題作成には携わらないことを宣言した。

降板の理由としては「東進の模試作成を担当する部署の職員たちと、
模試に対する考え方の乖離があまりにも大きく、一緒にやっていくのは
不可能と判断したからです」
と、作成した問題の細部ではなく、
基本的な考え方に齟齬が生じたようだ。

具体的には、「少しでもいい問題を」とクオリティにこだわる林先生に対して、
ある職員は「穴があかないことが第一だ」と、あくまで事務的に
処理しようとしたことを、林先生は一例として挙げた。

相手が一部署の職員とはいえ、「東進の模試は、東進という組織が
実施しているものです。僕個人の考えを押し通すことはできません」と、
林先生はこれ以上争うことなく矛を収めたという。

今春から2本の冠番組が始まるなど多忙な林先生だが、
東進での講師は従来同様務めており、たとえば夏期講習も昨年より
やや多いほどのコマ数をこなしたことをブログで伝えている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00000029-dal-ent

要するに「あなたはもう芸能活動が多いから、問題に穴が開けられては
困るので・・・」と、クオリティよりも確実に仕上がることを重視したため
軋轢が生じたということでしょうか。こだわってやっている身としては
これ以上無く歯がゆく、不愉快でしょうね。
降板もやむなし。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    なにそのコメント?
    林先生に失礼では?

  2. 名無し

    東進にとって林先生は広告塔でしかなくなってしまったって事じゃないか

  3. 名無し

    いつ辞めるの?

  4. 名無し

    受験生にとってはクオリティのほうが大事だからな

  5. 名無し

    ぶっちゃけセンター用なら過去問といときゃいいだろ?
    減点されないように書けばええやん、俺は東大じゃないけど林さんじゃなくていいと思ったよ

  6. 名無し

    今でしょ!

  7. 名無し

    今でしょ!!

  8. 名無し

    そもそも東進模試より質の良い模試があるから問題ない

  9. 名無し

    >>8
    質で負けてたら良くする努力しなきゃダメじゃないか

  10. 名無し

    う~ん
    本職どっちやねん

  11. 名無し

    うーん
    質も大事だけど穴がないってのが前提条件じゃないの。
    いい問題あっても他がガバガバじゃ意味ないでしょ。
    東進の穴がないって条件満たしつつ質がいい問題作ればいいのでは?
    それが難しいんだろうけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング