(スコットランド問題) 根底にはイギリス政治への嫌悪感 再び独立投票も | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(スコットランド問題) 根底にはイギリス政治への嫌悪感 再び独立投票も

s38ba133e7da0aff3d4527861ea051d62

スコットランド、独立は回避されましたが問題は山積み。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


PH003369

18日に実施されたスコットランド独立の是非を問う住民投票が否決され、キャメロン
首相をはじめロンドンの英政界は胸をなで下ろした。しかし、スコットランド人が嫌悪
の念を込めて口にする「ウェストミンスター(英議会のある地名から英政界を指す)」
への不信が消えたわけではない。英国にとって分裂の危機という今回の悪夢は今
後も繰り返されるかもしれない。
 

◇傲慢の象徴
 
スコットランドでは、タクシーの運転手から大学教授に至るまで「ウェストミンスター」を
強い負の意味で使うのをしばしば耳にする。腐敗と傲慢(ごうまん)の象徴のイメージ
だ。1980年代にサッチャー保守党政権の新自由主義政策で重工業中心だったスコッ
トランド経済が痛めつけられて以来、特に保守党政権は人気がない。英議会に地元
出身の保守党議員は1人しかおらず、自分たちを代表しない政府がスコットランドを
支配するという不信感は強い。
 
独立派を率いたスコットランド民族党(SNP)はこうした感情を巧みに利用して独立へ
の支持を拡大した。投票の直前、世論調査で独立賛成が急伸したのに危機感を持
ったキャメロン首相ら保守、労働、自由民主の英主要3党首脳が急きょスコットランド
入りしたときも「チーム・ウェストミンスター」とレッテルを張るのを忘れなかった。
 

◇アイルランド人も参加
 
だが、「民族党」という日本での一般的な訳語に似合わずSNPが主導する独立運動
は、決してスコットランド人のアイデンティティーを強調する硬直したナショナリズムで
はない。グラスゴーの独立派本部広報担当者は「民族アイデンティティーが運動の
原動力か」という問いに、「私はアイルランド人だ。独立を求めるのは民主主義の不
全のためだ」と強調した。

独立派が今回、急激に支持を広げるのに使った草の根の運動員の中にも、南アジア
系の人やイングランド人すら見かけた。この緩やかさについてアバディーン大学の
マイケル・キーティング教授は「スコットランドで根強い社会民主主義の概念がスコッ
トランド・ナショナリズムに融合した」と説明する。
 

◇「ネバレンダム」に? 
 
今後も独立を求める運動は続くのか。カナダのケベック州では、独立に関する2度の
住民投票を否決されても独立運動がくすぶり、「ネバーエンド(決して終わらない)」
と「レファレンダム(住民投票)」をかけて「ネバレンダム」という言葉がある。スコット
ランドもそうなるのではないかという見方がある。
 
キーティング教授はその可能性は低いとみる。しかし、2015年の総選挙で保守党が
政権を維持し、公約している17年の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票で
離脱が可決されれば「ウェストミンスター」よりEUを信頼するスコットランドは残留を
求め、再び独立のための住民投票実施になるのは自然だと指摘した。そうなれば、
EU離脱とスコットランド独立という二重の危機を英国は迎えることになる。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140920-00000021-jij-int

005442
半分くらいの人は納得してないでしょ。。

冷静な結果だと思うけどもし自分たちの国がスコットランドと同じ境遇だったら
残留を選べていたかどうかは自信ない慰留のためにこれだけバーゲンセールを
したこともあり独立を望む地方や自治区にどれだけ波及するか、問題が本格化
するのはこれからだろう

冷静な判断だったと思うけど、イギリスとしてもスコットランドにきちんとした恩賞
を与えて雇用面なども回復できるように手当てを考えるべきではないだろうか。
独立出来るのであれば、いいのだが実際はやっていけない可能性が強いわけ
で、イギリスとスコットランドにもデメリットが大きいのだから、スコットランド人にも
満足のある生活をできるような環境を整えてあげる必要がある。
そもそも、新自由主義の考えが間違っていたからこうなったのだと思う。

未来に向けての独立って言うのは分かるんだけど、今 勢いで独立してスコットランド
にメリットよりデメリットの方が多いのでは?と、思うんですが。

 

もともと利害と歴史で民族が融合しているだけで、
スコットランド関わらずいろんなところで独立の運動が起こっても
おかしくはありませんね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 
P026793_s
(速報) スコットランド 独立・分裂回避! 過半数割れ、BBC報道
 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング