ゴルフ業界に危機感 メイン顧客の団塊が大量引退で閑古鳥? 普及策、あの手この手 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ゴルフ業界に危機感 メイン顧客の団塊が大量引退で閑古鳥? 普及策、あの手この手

P026858_s

ゴルフ業界に危機感。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P026857_s

ゴルフ人口の中核となっている団塊世代の“大量引退”が予想される
「2015年問題」を控え、若い世代ら初心者を呼び込もうという動きが
加速している。
親子でコンペが楽しめるゴルフスクールが人気なほか、
プレー料金やクラブを無料提供するケースも。接待ゴルフなど、
一部の層に限られている日本のゴルフ慣習が変わらなければ、
将来の市場衰退は確実。業界関係者はスクラムを組んで普及策に取り組んでいる。

「ゴルフは家族の絆を強められるコミュニケーションツール」と話すのは、
小中学校生向けのゴルフスクール「キッズゴルフ」(東京都港区)の
中崎祐史代表取締役。同社は、主に東京都内に住む子供たちを隣県の
ゴルフ場までバスで送迎し、コースのラウンドを通じてマナーや技術を教えている。
「家族で楽しむゴルフ」をうたい、親子がペアを組んで競うトーナメントなど
家族参加型のイベントも多い。今年4~8月の体験レッスンの参加者は
前年同期比3割増と好調で、中崎氏は「家族で参加すればプレーヤーの
幅も広がり、ゴルフ市場の縮小に歯止めをかけられる」と狙いを明かす。

ゴルフパートナー(同千代田区)は8月11日から、全国約290店舗で
ポイントカード会員に登録するとクラブ1本を無料提供している。
同社は今後、ボールや手袋などの格安商品情報をダイレクトメールで提供するほか、
来店時にスタッフがアドバイスするなど、初心者の“相談役”を目指す。
同社は「将来のゴルフ人口の減少は、危機的状況だと考えている」と、
サービス導入の理由を説明する。

少子高齢化の進行やレジャーの多様化の影響もあって、ゴルフ市場は
縮小傾向にある。日本生産性本部の「レジャー白書」によると、
13年のゴルフ人口(コースに出た人)は860万人と前年比8%強増えたが、
10年前と比べると約2割減だ。

さらにプレーヤーの中心だった団塊の世代が全て65歳以上となる
15年を境にゴルフ人口が急減するのは確実。

業界ではこれを回避しようと、子供や若い女性を対象にしたゴルフ教室などで
次世代の顧客層を掘り起こしてきたが、単発的な動きにとどまってきた。
しかし、ようやく業界全体がまとまった取り組みが出ている。

リクルートライフスタイル(同千代田区)は、業界の各団体と共同で、
20歳を迎える男女を対象に、全国253カ所(10日時点)のゴルフ場や
練習場の料金を来年3月末まで無料にするプロジェクト「ゴルマジ!20」を8月に始めた。

同社は、ゴルフの未経験者の中で、ゴルフを始めたいという意向が
最もあるのは20代前半というデータに着目。対象を20歳に限定し、
同世代でのゴルフ参加率の向上を目指す。

同社はスキー市場を活性化しようと、19歳を対象にリフト券を
無料提供するプロジェクトを実施し、13~14年冬シーズンに
約52万5000人を雪山に送った。同社の研究機関「じゃらんリサーチセンター」の
室田明里研究員は「ゴルフ市場が活性化すれば、中長期的には
宿泊市場の拡大につながる」と期待する。

ゴルフ用品メーカーもようやく重い腰を上げた。ダンロップスポーツは
昨年7月から、初心者を対象に受講料3000円でレッスンとゴルフクラブを
無料で貸し出す取り組みをスタート。今年10月からの第3期は
定員100人に対して1300人の応募があった。ブリヂストンスポーツが
9月から国内外で展開する新ブランド「ブリヂストンゴルフ」では、
新規ゴルファーの開拓促進や休眠ゴルファーの呼び戻しに注力する。

ただ、こうした活性化策が順調に進むかは予断を許さない。
じゃらんリサーチセンターが実施したゴルフ市場実態調査によると、
ゴルフ未経験者が始められない理由の最も多かった回答は
「お金がかかりそう」だった。
ゴルフの魅力に目覚めた初心者の意識を
維持するため、業界は矢継ぎ早に支援策を打ち出さなければならない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000000-fsi-bus_all

005442
車がないとゴルフ場に行けないのは致命的やな

今のままでは確かにお金がかかります。
1ゲーム3000円位じゃないと若年層は頻繁にできないと思います。
クラブ以外にも現地行くのに車も必須だし。

近くの練習場には行けたとしても、
今の若い人は足になる車を持たない
人が多いから、その中で意見の合う
仲間を募って、いざコースへ!とは
なかなかならないと思う。
練習場だけじゃ面白さは伝わらないしね。

若い人には「接待ゴルフ」という嫌なイメージが染みついてるような気がする。
正直そういうのがなくなるのは嬉しい。
土日まで会社関係の人と一緒にいたくない。

ゴルフ以外にもたくさん面白い物あるし、今までが良すぎただけ。
もうオワコンなのでは?

どこのゴルフ場に行っても、未だに殿様商売が多い。
顧客満足度を高める為にどういったサービスが必要か、
もっと考える必要がある。
成功するゴルフ場と、ダメになっていくゴルフ場と、
これからどんどん差が出てくると思います。


業界もヤバくなってからあの手この手で対策に出ていますが、
最近の国内情勢・国民意識からもはや限界なのかもしれません。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    環境破壊のイメージが強い

  2. 名無し

    普通引退したら自由時間が増えて競技人口増えるはずなのに、皆いやいやビジネスとしてやってんのかよ

  3. 名無し

    おっさん相手の接待目的でやってるけど、本当つまらないよ
    早く団塊の世代が消えてゴルフコンペなんて無くなれば良いのに・・・

  4. 名無し

    やる方か。
    見る方はある国の人らが大勢出てくるようになってから見なくなったな。

  5. なまさ

    いまの若者のゴルフの位置付けは、「ドライバ? パター? ああ、人殴る凶器でしょ?」

  6. 名無し

    付き合いだからやれとかやらないと出世しないとか言われてきたけどザマァミロだわ

  7. 名無し

    施設・道具・移動等経費、元々裕福な家庭に生まれないと
    出来ないスポーツは見ていて詰まらないね、勿論嫉妬も含めてさ

    ゴルフやフィギュアスケートなんて最たるものだと思うよ
    楽器関係もそうだねバイオリン、ピアノ

  8. 名無し

    団塊の世代だけどゴルフは趣味で続けるつもりです。
    病院へ行くならゴルフ場への合言葉で、健康のために続けます。
    ゴルフやめたらやるスポーツがない。
    人間動けなくなって迷惑かけて生きたくない。
    ゴルフ場回れる体力は維持したい。

  9. 名無し

    接待ゴルフがほぼ無くなってるから若い人がゴルフを嫌々でも開始する意義がなくなってる

  10. 名無し

    ぶっちゃけ適正なゴルフ場の数は今の1/60
    暴力団と癒着した大きいの一党が駆逐されない限り、
    ゴルファーは増えないから無理。

    ゴルファーとゴルフプレイヤーの違いすら理解できない大きいの一党。

  11. 名無し

    キッズゴルフは実質赤字につながる
    コースがボコボコになるらしいな

  12. 名無し

    大丈夫萌えゴルフアニメがでてきて盛り返すさ!

  13. 名無し

    昔から麻雀とゴルフは会社勤めの時は趣味も成立するし友達もいるけど
    辞めたら金くいになるので止めざるを得なくなる人がほとんどだと言われてた
    ゴルフ場行くのを諦めて打ちっぱなしで楽しんでる人は周囲に結構いる
    一度バス会社と組んで地方から客を拾って日帰りで飯つきツアーでもやってみたら?

    正直ある程度練習してないと空振りするぐらいだし、素人には付き合ってあげるのも大変
    かといって一人プレイしてても面白くないでしょみんな

  14. 名無し

    とりあえず用具代とラウンド料金の値下げをよろしく。
    あと、根拠のないゴルフ場税の廃止も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング