世界初、iPS細胞使った手術実施! 重い目の病気のため視力の低下を防ぐことが期待される | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

世界初、iPS細胞使った手術実施! 重い目の病気のため視力の低下を防ぐことが期待される

sPH003261

世界初のiPS細胞使った手術実施。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


080229_03

神戸市にある理化学研究所などの研究チームは、iPS細胞を使って目の網膜の
組織を再生し、病気で失われた患者の視力を回復させようという世界初の手術を
行ったと発表しました。
京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞が実際の患者の治療に使われた
初めてのケースで、再生医療の実現に向けた大きな一歩になると期待されます。

世界初の手術を行ったのは、神戸市にある「理化学研究所」の高橋政代プロジェク
トリーダーと「先端医療センター病院」などの研究チームです。手術を受けたのは、
「加齢黄斑変性」という重い目の病気のため視力の低下を抑えられなくなった兵庫
県の70代の女性の患者で、研究チームではまず、女性の腕から皮膚の細胞を
僅かに取り、iPS細胞を作り出しました。

そして、このiPS細胞を目の網膜の組織に変化させ、12日、病気のため傷ついた
網膜の一部を取り出したあと、移植する手術を行ったということです。

手術は午後1時40分ごろから神戸市にある先端医療センター病院で行われ、午後
4時20分ごろ終了しました。研究チームによりますと、今回の手術はこの治療が
安全に行えるかどうかを確認することが第一の目的の臨床研究で、患者は視力の
維持に必要な細胞の多くが死んでしまっているため、期待できるのは視力の低下
を食い止めたり僅かに回復させたりすることだということです。
ただ今後、安全性と効果が確認されれば、視力を大幅に回復させる病気の根本
的な治療法になる可能性があるということで、研究チームは今後、4年間にわた
って患者を定期的に診察し、移植した組織の状態を確認することにしています。
京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞が実際の患者の治療に使われた
のはこれが初めてで、再生医療の実現に向けた大きな一歩になると期待されます。

専門家「患者・研究者に大きな光」
iPS細胞が初めて、実際の患者の治療に使われたことについて、同じくiPS細胞を
使った研究を行っている慶応大学医学部の岡野栄之教授は「患者にとっても、再生
医療の研究者にとっても、きょうの手術の実施は大きな光だ。京都大学の山中教授
がiPS細胞を発見してから、国を挙げて研究に取り組んだ結果、海外の研究者から
も驚かれるほど極めて早く研究が進み、きょうの日を迎えることができた」と話して
います。

さらに「今後、パーキンソン病や脊髄損傷、心不全といった患者の治療にiPS細胞
を使う研究が進められようとしているので、今回の手術は、iPS細胞からできた細胞
を移植したときに何が起きて何に気をつけるべきかなどの貴重なデータを得る重要
な事例になる。
引き続きノウハウを積み上げていけば、日本が再生医療の分野で
世界をリードできるようになるだろう」としています。そのうえで「現状ではiPS細胞
を使って治療を行うには多額の費用がかかるため、一般的な医療につなげていく
にはまだまだ課題が多い」
と指摘しています。 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140912/t10014562731000.html

何と比べるわけではありませんが、iPSのほうはかなり進んでいますね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

P017971_s
iPS細胞、今度は低コスト培養液の開発に成功! 従来の10分の1 やはり本命はこっち!
 


コメント

  1. 名無し

    CytoTune®-iPS
    4557 医学生物学研究所

  2. 名無し

    素晴らしいですね。

    スタップかスタッフか知らんが
    そっちの研究者たちは研究費返して、他の人たちに謝罪しろ。

  3. 名無し

    毛根細胞はよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング