図書館が新刊本の寄贈を求めるの「やめて!」 小説家が「本売れなくて死んでしまう」と訴える | あまえび速報
6ca2a898

図書館が新刊本の寄贈を求めるの「やめて!」 小説家が「本売れなくて死んでしまう」と訴える

spic-3
図書館が新刊本の寄贈を求めるのはやめて。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
1: リサとギャスパール ★ \(^o^)/ 2016/05/24(火) 16:35:52.55 ID:CAP_USER*
http://www.j-cast.com/2016/05/24267633.html
24569e43

公立図書館が新刊のベストセラー作品の寄贈を求め、寄贈されたものを貸し出している。そのやり方はおかしいのではないか、などといった声があがった。
小説家の万城目学さんは、すべての図書館がこのやり方で本を集めて貸し続けたら「作家は死にます」などとツイートし、議論になっているのだ。

●特定のタイトルを掲載してのリクエストはやりすぎ
 万城目さんは2016年5月19日にツイッターで、
「図書館の新作の貸し出しについては、寛容であろうと思っています。文化の多様性を支える一翼でありたいからです。でも、これをやられると、やはり心が冷えます。
もしも、すべての図書館がこのやり方で本を集め、タダで貸し続けたら、作家は死にます」

とつぶやいた。例としてあげたのが富山県高岡市の市立図書館で、図書館の公式ホームページには「寄贈のお願い」とあり、「予約の多い本です。図書館資料として活用します」と但し書きし、

「羊と鋼の森」(宮下奈都著) 、「アンと青春」(坂木司著)、「橋を渡る」(吉田修一著)、「天才」(石原慎太郎著)、「暗幕のゲルニカ」(原田マハ著)、「同じ夢を見ていた」(住野よる著)のほか、「かいけつゾロリ」シリーズ、「ミッケ」シリーズを挙げている。

実は万城目さん、13年にも同じツイートをしている。内容は、「善意でやっているのは分かっているが、タダで仕入れてタダで貸すのはやめてほしい。市民はよろこぶだろうが」としたうえで、

「それは偽りの正しさで、本当に正しいのは『待てない方は御自分で購入を』と言うことです」
などと要望している。

  高岡のように新刊の寄贈を利用者にお願いしている図書館は全国にあるようで、大阪府羽曳野市の市立図書館でも、「リクエストお待たせ情報」ページに「順番が回ってくるまでに数ヶ月かかることがあります」と但し書きし、
「これらの本をお持ちの方で、ご不要のものがありましたら、図書館まで寄贈していただけると幸いです」
と告知している。

  今回の万城目さんのツイッターに対し、
「『読み終えた本を寄贈してください』は大抵の図書館で箱を用意してやっているみたいですが 特定のタイトルを掲載してのリクエストはやりすぎに感じますね」
「予算的に可能なら買いたいのです。利用者からは待たせるとは「悪」だと罵られての窮余策だと思います」
「読む機会が皆無よりはましかと。おもしろくて書籍が予約で一杯だったら買う人も出てくるでしょう。そんな書籍をめざすべきでは。高岡図書館の対応を是とする気はまったくありませんが」

>>2に続きます

2: リサとギャスパール ★ 2016/05/24(火) 16:37:09.44 ID:CAP_USER*
>>1続き

●「借りる層」と「買う層」は異なっている?
 高岡市市立図書館にJ-CASTニュースが16年5月24日に話を聞くと、市内には6つの図書館があり人気の新刊には100人を超える予約者が付く。貸出期間は15日間で、次の人に渡るまでに3週間かかる場合もある。
寄贈をお願いしているのは短期間にできるだけ多くの図書館利用者に読んでもらえるようにするためだと説明した。それでは寄贈してくれる人がいるのか、というとそうでもないらしい。
「ハードカバーのものについては、必ずしもいただけていない、というのが現状です。文庫本など、呼びかけていないものは多数来るのですが・・・」
ちなみに、石原さんの「天才」もゼロだという。

 図書館での新刊貸し出しについてはこれまでも様々な議論があった。15年10月に開催された全国図書館大会では、新潮社の佐藤隆信社長が、売れるべき本が売れない原因の一つが図書館の貸し出しだ、と発言した。
一般的に初版の9割が売れて採算ラインに乗り、増刷分が利益になるが、図書館が貸し出したため、あと一歩で増刷できなくなった本が多数ある。今後は、著者と版元の合意がある新刊を「貸し出しの1年猶予」を求めたい。
その要望書を15年11月にも図書館側に送る予定だ、などと語った。
J-CASTニュースが16年5月23日に日本図書館協会に取材すると、要望書はまだ届いていない、という。また、出版不況の原因については、
「売り上げが落ちているのは図書館が新刊を貸し出しているから、というのとは別の要因だと思いますよ。借りたら買う人が減る、ということもないと考えます。
なぜなら、借りる層と買う層は異なっているからです」
と説明した。

 一方、全国の図書館で新刊本の寄贈を求める動きがあることについては、買いたくても買えない「予算不足」を理由に挙げた。1990年半ばから公立図書館の図書購入費は下がり続けている。
これは地方財政の悪化が影響していて、図書購入費だけでなく図書館職員の人員削減も起こっている、と明かした。仮に、全国の公立図書館が新刊の寄贈を求めたとしても、
「全く影響がない、とは言えないかもしれませんが、あったとしても極めて微々たるものだと思います」
と話していた。

(終わり)

4: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:37:20.09 ID:uyD2LKK30
売れる本を書けばいいじゃない

6: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:38:39.31 ID:3L7L8nkz0
半年は入れないとかそういうルールを作る時期かも

7: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:39:18.70 ID:ZSqZMNvb0
ブックオフもそうだけど、せめて発売後2ヶ月は自重しろって思う。

191: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 17:06:28.25 ID:9rA2DZyR0
>>7
ブコフはそれでも良いな、てかその位はするべき
図書館は黙っててもその位先じゃね?

8: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:39:37.57 ID:8zcLU5Aq0
今やソフトで儲けるのは無理な時代なんだよ

9: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:40:08.99
図書館が買って貸し出すのと
市民から寄贈された物を貸し出すのは、節税になるけど違うんだろ

10: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:40:26.22 ID:yWQkCmv10
座り読みできる書店の方が問題だろ

176: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 17:04:19.75 ID:WwwwhpH40
>>10
そうだよ
手垢のついた本なんて誰が定価で買うか

14: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:41:13.35 ID:DSoFrYyQ0
新刊読みたきゃ買え。
旬が過ぎたら図書館へ。でないと作家も本屋も潰れるよ

人気の本は予約しても半年待ちザラだから、図書館使うのやめた。

17: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:42:05.98 ID:dmzzb1UM0
寄贈するのはいけど新刊のタイトルを指定して寄こせと言うのは間違ってると言ってるだけなのになんで作者が叩かれてるの?

18: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:42:12.97 ID:A0RR+X1Z0
ベストセラー作品なら死ぬことないだろ

19: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:42:16.62 ID:2ym3lnID0
小説家が死んだって別に困ることはない

31: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:44:16.02 ID:RnZdm6Nf0
>>19
じゃ図書館がなくなっても困らないな
作家がいなけりゃ図書館なんて無用の長物

20: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:42:26.24 ID:ZSqZMNvb0
俺漫画家だけどね、漫画家は最初の一週間の売上でその後の展開が決まるの。
だから発売当日にアマゾンで中古本が出るとかブックオフで売ってるとか、マジで自重して欲しいのだわ。

24: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:43:26.88 ID:XsPk6ch20
>>20
Kindleの売上は加算対象なの?

21: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:42:44.19 ID:/de/JW/H0
本高杉だろ
いまDTP化したうえに、在庫管理も効率化したから以前よりも
安くなって当然なのにむしろ値段あがってるからな
出版業界は負のスパイラルを自ら招いてる

55: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:48:40.70 ID:D8IYVyVB0
>>21
在庫管理効率化して刷り部数減ると単価上がるの当たり前やろ
あとDTPてもう何十年もたっとる

26: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:43:30.65 ID:NwnDBu3D0
たまには買うよ
でも部屋狭いし限界なんだ
借りさせてくれよ~

39: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:46:03.72 ID:KdDIS9860
そもそも小説家とか食える職種じゃないだろ

44: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:46:35.42 ID:IK6JTDwa0
中古でも何パーセントか原作者に還元できるシステムを構築できればいいのに

56: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:49:04.34 ID:5yWyXP1S0
「作家は死にます」
著作が軒並み映画化されてる万城目学でさえこう言うのだから切実

67: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:50:36.47 ID:/eiangAM0
>>56
死にゃしないよ。
JASRACと同じで儲けを多くしたいだけ

78: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:51:50.89 ID:ZSqZMNvb0
>>56
いや、「知名度のある自分が他の作家さんの代弁をしている」のだと思いますよ

57: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:49:19.03 ID:YNpZ1B0T0
ただで新刊読もうとか薄汚い連中だな、ホームレスかなんかか

71: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:51:07.66 ID:TnfImP6I0
図書館も来る人いなくなってきたなあ

72: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:51:10.02 ID:QDNWpoUY0
これはまぁ理解できるわな
やるなら、ビジネスとしてやってくれって話しだわな
特に娯楽関連の書籍についてはな

73: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:51:23.58 ID:0Adx99BG0
音楽業界と同じ系譜たどってんなあ
そのうちなり手もいなくなってこの国の学力や教養の衰退もまったなしだな
何でもタダで手に入れたい底辺がより一層底辺になるブーメラン投げてんの分からんのかね

74: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:51:26.03 ID:GgelJaQH0
新刊は控えるべきだな、
かつてのレコードレンタルの落としどころ。

76: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:51:26.73 ID:dWkwyDAN0
図書館で新刊を貸すのはおかしいだろ

79: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:51:58.20 ID:Fbl4JJo3O
まあ、元は商品だからな

ちゃんと中古になってから貸し出せよ

84: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:52:34.62 ID:Yu29gZQI0
図書館に置く本って一件当たり一冊とかじゃないのか?
売れ行きの大勢に影響あるとは思えないんだけど

105: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:55:30.91 ID:LIiseKXq0
>>84
新刊何冊も置いてる所もあるって問題になってたような

135: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:59:45.60 ID:1lSrl5U50
>>105
ベストセラーほなん十冊とあるよ

87: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:53:09.15 ID:5yWyXP1S0
ラノベって図書館に入ってるの?

111: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:56:42.56 ID:VUCBgASyO
>>87
あるね

88: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:53:18.86 ID:rfEtGdX80
図書館で借りそうとしたら半年かかるから買うことにしてるよ

89: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:53:23.01 ID:YmvnQcTxO
発行から3年とか5年経ってから読めるようにするとか

94: 名無しさん@1周年 2016/05/24(火) 16:54:12.29 ID:6/Dlcrpo0
購入する気がある人は図書館での貸出を待たないと思う
すぐに借りれる状態でない限り、買う人は買う

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1464075352/



コメント

  1. 匿名

    余命三年時事日記だったら寄贈してもいいな 余命チームの書籍の収益は主に裁判費用だし
    多くの人に知ってもらいたい事実がある

  2. 匿名

    献本10冊来るし、知人にはラノベ書いてるって言ってないし……
    図書館に上げたっていいじゃん

  3. 匿名

    買う層と借りる層が違うなら、なおさら半年でも一年でも待たせりゃいいんだよ
    買う気がないのに読みたい、なんてひどく図々しい
    買うお金がない?そんな奴は流行の本が数冊読めなくてもなんの支障もないな
    買う金ないならほかにやらなきゃいけないことあるだろ

    でもまあ人によっては図書館にあれば宣伝になると思う作家もいるだろうし、純粋に世のために図書館に寄贈してほしい作家もいるだろうし、場合によるよね
    作家本人が寄贈するなら、なお素晴らしいことだと思うしね

  4. 匿名

    作家・出版側は金儲けの話
    図書館側が利用者の気持ちの話

    決着つかねぇだろ、だって肝心の利用者抜きの話し合いだもん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング