サザエの中から金貨が見つかる 15世紀のものか 沖縄 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

サザエの中から金貨が見つかる 15世紀のものか 沖縄

P026014_s

沖縄で古いサザエから金貨が見つかる。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P026013_s

沖縄県教委文化財課は5日、世界遺産で国指定史跡の
「首里城」(那覇市)の御嶽(聖地)跡で出土したチョウセンサザエの殻の中に、
15世紀半ばから16世紀のものとみられる金銭8枚があったと発表した。

2個のサザエが組み合わされ、大きい方に金銭が入っていた。
御嶽の基礎部分の石積みや陶磁器の中に入った金銭が
見つかった例はあるが、貝殻の中から見つかったのは初めてという。

文化財課によると、金銭は当時の琉球王国が御嶽を創建する際、
地鎮を兼ねた縁起物の「厭勝銭」として埋納したと考えられ、
貨幣としては流通していなかったとみられるという。

県埋蔵文化財センターが1996年度に首里城・京の内地区の
御嶽跡で実施した発掘調査でサザエが見つかったが、
当時は金銭が入っていると確認できなかった。今年2月に資料を
整理した際、サザエの奥に金銭が押し込まれていたのを見つけたという。

金銭は直径17~21ミリ。殻長約7.5センチのサザエの中にあり、
殻長約5センチのサザエがらせん状に押し込まれて
ふたの役割を果たしていた。同じ堆積層の出土品から、
金銭は15世紀半ばから16世紀のものとみられ、県内最古の可能性がある。

沖縄県内ではこれまで、斎場御嶽(南城市)から10枚、
園比屋武御嶽(那覇市)から6枚、首里城東のアザナ御嶽跡から
1枚の計17枚の金銭が見つかっている。文化財課は
「何らかの理由でサザエを容器として使ったとみられるが、
これまでの常識を覆した初めての事例。今後も同じようなものが
見つかるかもしれない」
と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-00000020-mai-soci
 
そのへんで転がってる貝殻も、実は歴史ある金貨格納用貝殻という
可能性もありそうですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

るるぶ沖縄ベスト'15 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング
2014-05-08





コメント

  1. 名無し

    すげぇロマンがあるね

  2. 名無し

    ちょっとサザエさん買ってくる

  3. 名無し

    サイフ代わり?

  4. 名無し

    15世紀のサザエの貝殻がきれいすぎやせんかね。

  5. 名無し

    これはサンプルだろ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング