オオカミは犬の祖先ではないことが判明!ゲノム解析で明らかに | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

オオカミは犬の祖先ではないことが判明!ゲノム解析で明らかに

images

オオカミは犬の祖先ではないことが判明!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


 



犬といえば、長い間人類とともに過ごしてきた親友だ。
そんな犬の始まりをゲノム解析によって探ったレポートが発表された。
遺伝子研究には縁のない人にも、犬好きなら思わず興味をひかれるような
結果が書かれていたので皆さんにご紹介したい。

新事実その1)
犬と人間が共に暮らすようになったのは、1万1000~1万6000年も昔


これは人間が農耕を始める前のこと。犬と人間が一緒に暮らすようになった当初、
人間は狩猟文化だったのだ。犬と人間が暮らし始めた時期については、
「人間は狩猟をしていた」派と「農耕をしていたはずだ」派に専門家の意見も
分かれていた。犬の持つでんぷんを消化する酵素であるアミラーゼをコードする
遺伝子(AMY2B)は、人間と暮らし始めたときには、農耕が行われていた証拠だと
思われていたのだ。ちなみにディンゴやハスキーにこの遺伝子はない。

新事実その2)当時人間と暮らし始めたのは、“犬とオオカミの祖先”
ゲノム解析の結果、当初飼われていた動物は、正しくは“犬”ではなく、
“犬とオオカミの祖先”だと判明した
犬がオオカミから進化したのではなく、
両方とも絶滅した“オオカミっぽい”イヌ科の生物から進化した
のだというのだ。

オオカミは犬の先祖だと思っていた人も多いのではないだろうか? 
犬はオオカミと比べて異種交配が行われていたため、種類ごとに特徴も大きく変わり、
進化史が分からなくなっていたのだとか。
はたしてこの研究が、犬の進化史を書きかえることになるのだろうか?


http://irorio.jp/jpn_manatee/20140126/106264/

犬の祖先だと思っていました。
ニホンオオカミは1905年に絶滅種と認定されましたが、1970年代に
捕獲された動物がニホンオオカミではないかと騒動になった事例が複数あり
(ただし、それらはタヌキの幼獣や野犬、キツネを誤認したものであった)、
ニホンオオカミはまだ、生存しているのではないかとの噂は絶えません。
現在でも、紀伊半島山間部ではニホンオオカミの目撃証言を募る
ポスターがしばしば目にされます。(wiki

もし、見つかれば飼育して繁殖といった流れになると思いますが、
犬とはまた別物の動物だと判明したことで、さらにオオカミの謎が
深まりましたねぇ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

d
ドンキーコング トロピカルフリーズ

★オススメ記事
【超朗報】合法オンラインスロットーキターーーーーー
ロリ系娘を犯しまくった結果・・・
エロゲーにハマり過ぎた結果wwww
めちゃくちゃシコれるエロゲって何よ?あ…無料エロゲでオナシャスw



コメント

  1. 名無し

    まあな
    イヌにしては怖すぎると思っていた所だ

  2. 名無し

    猫も犬も祖先同じって話なかったっけ・・・

  3. 名無し

    知ってた。

  4. 名無し

    そりゃぐっとさかのぼれば
    犬も猫もほとんどのほ乳類はネズミっぽい奴に行き着くけどな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング