夏休みが終わるとイヌたちも憂鬱な気持ちになるらしい | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

夏休みが終わるとイヌたちも憂鬱な気持ちになるらしい

sdwiot

夏休みが終わるのが憂鬱なのはヒトだけではないらしい。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


sgs

(一部省略)
飼い犬の2割が分離不安
米国タフツ大学獣医学部の教授、ニック・ドッドマン医師によると、米国で飼わ
れている約8000万匹の犬のうち20%、老犬の場合、29~50%が「分離不安」
を抱えており、飼い主の姿が見えなくなると、吠える、うなる、クンクン鼻を鳴らす
といった行動を取るのだとか。

新学期が始まると「見捨てられた」と感じてしまう犬も
夏休みが終わり、子どもたちが学校へ行くようになるこの時期にも分離不安の
症状が現れる。それまでほぼ毎日一緒にいて遊んでくれた飼い主が自分を置いて
出かけてしまい、寂しくなるだけでなく、「見捨てられた」と感じてしまう犬もいるようだ。

こうした犬は、誰もいない子ども部屋の閉まった扉をひっかいたり、ブラインドを壊し
たり、カーテンを破ったり、家族が帰ってくるまでずっと外を見続けていたりする。
中にはエサを食べなくなってしまうケースもあるそうだ。

共働きの家はさらに深刻
共働きの家の場合、学校が始まると、犬は昼間、ひとりぼっちで留守番をすることに
なるが、分離不安を抱える犬の半数は音を怖がるようになる。そして雷が鳴ったり、
嵐が来たりするとパニックを起こしてしまうのだ。

家族が出かける時間を楽しいひとときにする習慣を
トッドマン医師は、このような犬の対策として、子どもたちが家を出る際、おやつを
あげる、オモチャで遊んであげるなどして、その時間を「楽しいひととき」に変え、
不安を和らげてあげることをすすめている。できれば、学校が始まる前から訓練を
始めると効果的だそうだ。

また、家の中に安心できる場所を作ってあげ、ちゃんとそこにいられるよう訓練を
することも大切。

赤ちゃん言葉で慰める、同情するなど、甘やかすような行動は禁物だそうだ。

症状が改善されない場合は獣医に診せるべき
たいがいの犬は時間とともに、休み明けの“新しい習慣”にも慣れていくが、いつまで
も症状が消えない場合は、ほかに健康上の問題がある可能性もあるので、獣医に
診てもらうべきだと、トッドマン医師は述べている。 
http://irorio.jp/kondotatsuya/20140831/158604/

1
これ猫さんでも同じ事やろなぁ。

ウチのお嬢さん、ダンナが出かけると毎日夕方には外を見続けてキリンの
ように首を長くして待ち続けてますが。…分離不安?Uo・ェ・oU

み~んな同じ。 


「夏休みはみんな遊んでくれたのに・・・。」なんて考えてるんでしょうか。
ペットを飼っている家庭すべての課題ですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 

P025531_s
(盲導犬刺傷事件) 盲導犬は“痛み我慢する訓練”をしているわけではない 『我慢させる訓練が可哀想』という理解ない声を受けて関連団体が声明
 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング