謎の自然現象「デスバレーの動く石」の仕組みを解明 GPS内蔵石で潜入調査 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

謎の自然現象「デスバレーの動く石」の仕組みを解明 GPS内蔵石で潜入調査

moewq

「デスバレーの動く石」、ついにその仕組を解明。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


image host

(一部省略)
米国カリフォルニアの山中にあるデスバレー国立公園には、引きずったような跡を
残して「移動する石」が存在します。
「滑る岩」や「帆走する石」とも呼ばれ、長きに
渡り多くの仮説が唱えられてきたこの現象について、米国の研究チームがその
仕組みを解明したと発表しました。 

 

「動く岩」は地面に軌跡を残すことから移動したことは分かるものの、数年に一度
程度の間隔でしか動かないため観測も難しく、また近い距離にある同じような
大きさの石でも動くものと動かないものがあったり、動く距離や方向も異なるなど、
詳しい原理は謎のままでした。

image host

米国の研究機関 Scripps Institution of Oceanography の Richard Norris 氏が
率いるチームは、2011年の冬に調査を開始。

従来は「強風で動く」「苔で滑る」「氷の上を滑る」などの説が唱えられてきましたが、
Norris 氏のチームが観察を続けた結果、石は氷に押されて移動していることが
明らかになりました。

その仕組みは:
冬に雨が降って石の周囲が池になる
池が夜の冷え込みで凍る
日が昇るとともに氷が融けて割れる
割れた氷が風に吹かれて池の上を移動する
同時に石を押して移動させる
というもの。

水が干上がると移動した跡だけが残るため、あたかも石が自走したかのように
見えるというわけです。

今回の調査では、石の移動速度は分速2-6m ほどで、移動距離は60m 以上移動
した個体を確認しています。
http://japanese.engadget.com/2014/08/29/gps/?ncid=rss_truncated 

1
氷の仮説はちょっと前に提唱されてた。科学の発達でエビデンスが取れたわけだ

へぇ~自然ってすげぇなぁ

またビリーバーの夢が一つ敗れてしまったなw

スゲエ!とうとう判ったのか。しかしこの世からまたロマンがひとつ消えた。

1人歩き仮説が如何に信憑性ないものかがよく分かった。

世界の不思議の一つだった動く石、、現代のテクノロジーはロマンさえ解明して
しまう。いいのか悪いのかw


これもすごいっちゃすごいですけど、オカルトを信じていた人はがっかりですね。
この調子でどんどん色んな謎を解き明かしてほしいです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

P025212_s
(宇宙ヤバイ) ビッグバン直後に生まれた「宇宙最初の星」の集団に太陽の140倍の巨大な星があった模様!




コメント

  1. 知ってた

  2. 名無し

    この調子で頭お花畑の人たちの目を覚まさせてあげてください

  3. 名無し

    理研の金の亡者らを見ていると、こういう、お金にならない仮説を検証する人は偉いと思う。

  4. 名無し

    ↑でもそういう研究したら金の無駄遣いとか言い出すやついるじゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング