延長しまくりの高校軟式野球 中京-崇徳戦 延長45回でも0-0で決着付かず! 明日に再再延長するも54回で打ち止め、あとは抽選にwww | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

延長しまくりの高校軟式野球 中京-崇徳戦 延長45回でも0-0で決着付かず! 明日に再再延長するも54回で打ち止め、あとは抽選にwww

P025505_s

話題の軟式野球試合、45回でも決着付かず。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P025504_s

<全国高校軟式野球:中京0-0崇徳>
◇30日◇準決勝◇明石トーカロ

2日続けてサスペンデッドゲーム(一時停止試合)になった
中京(東海・岐阜)と崇徳(西中国・広島)の一戦は、延長31回から再開。
延長45回、0-0でまたしても決着せずサスペンデッドに。
明日31日に持ち越された。

31日の延長戦は9回まで。これでも決着がつかなかった場合は抽選で
勝者を決める。勝ったチームは同日引き続き行われる決勝戦で
三浦学苑(南関東・神奈川)と対戦する。

31回から45回までこの試合も無得点。崇徳は34回裏に無死三塁の
好機があったがスクイズ失敗などでサヨナラを逃した。

2日間で30回を投げ抜いた中京・松井、崇徳・石岡の両投手がこの日も先発、
最後までマウンドを降りなかった。

両校は28日に15回まで戦い、0-0。翌29日に16回から再開したが
得点が入らず30回で再びサスペンデッドゲームになった。

同大会は日程の消化を優先させるため、延長15回で引き分け再試合ではなく
サスペンデッドゲーム(一時停止試合)を採用。
日本高野連によると、これまでの最長は1981年の大津(山口)-口加(長崎)戦と
83年の平工(福島)-松商学園(長野)戦で記録された25回だった。

これまで最も長い延長戦とされているのは1983年(昭58)9月20日に
行われた天皇賜杯全日本軟式野球大会決勝で、
ライト工業(東京)が延長45回の末に田中病院(宮崎)を2-1で下して優勝。
8時間19分の死闘に敗れた田中病院の池内雄一郎投手は
1人で522球を投げた。

3日間のイニングスコアは以下の通り。

<28日>

中京000000000000000=0

崇徳000000000000000=0

【中】松井(15回、10安打、215球)

【崇】石岡(15回、5安打、177球)

<29日=16回から再開>

中京000000000000000=0

崇徳000000000000000=0

【中】松井(15回、9安打、217球)

【崇】石岡(15回、6安打、214球)

<30日=31回から再開>

中京000000000000000=0

崇徳000000000000000=0

【中】松井【崇】石岡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00000023-nksports-base







学校があるから強制的に明日で終了!
決着付くまで続けたとしたら、どうなっていたんでしょうか・・・。
そして、明日決着が付くんでしょうか。
もういろいろとすごすぎて言葉になりません。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯





コメント

  1. 名無し

    勝ったチームが、決勝戦に挑もうにも、カラダが持たないだろう。気の毒だ。

    例外的に、準決勝は勝敗決着が着くまでやらせて、中三日の休戦のあと、決勝戦を戦わせてやりたい。

  2. 名無し

    ずいぶんヒットも打ってるみたいだけどこれで点入らないのはどうなのよ

  3. 名無し

    抽選になったら選手はやりきれないし、決勝戦での敗北は濃厚
    このルール最悪だな

  4. 名無し

    準決勝なのか
    決勝も続けて試合とか暑いのに大変だ

  5. 名無し

    待ってた方のチームも大変だな

  6. 名無し

    学業優先なのは仕方ないが・・・
    もし天候不良で試合の続きも決勝も無理になったらどうすんの

  7. 名無し

    毎週末にすればいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング