警察密着ドキュメンタリー番組「コップス」で、取材スタッフが誤って撃ち殺される | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

警察密着ドキュメンタリー番組「コップス」で、取材スタッフが誤って撃ち殺される

s7hu9

番組取材中に、スタッフが死亡する事故が発生。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


PH002987

(一部省略)
米ネブラスカ(Nebraska)州オマハ(Omaha)で26日夜、強盗事件の現場に駆け
つけた警官に同行していた警察密着ドキュメンタリー番組「全米警察24時コッ
プス(Cops)」の撮影チームの男性が、警官が容疑者に向け撃った銃弾に当た
り死亡する事故が起きた。
警察が27日、発表した。

事件の容疑者も射殺されたが、発砲していたのは空気銃だったことが後に分かっ
た。死亡したテレビスタッフは、音声技術者のブライス・ディオン(Bryce Dion)さん
(38)。米メディアによると米リアリティー番組の先駆けとして25年間続いている
「コップス」史上、死者が出たのは初めてだという。

オマハの警察によると、現場となったファストフードレストランの「ウェンディーズ
(Wendy’s)」でディオンさんは、容疑者が空気銃を発砲しながら店内から外へ出
てきた際に玄関付近にいたという。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000037-jij_afp-int
 
005442
誤射して亡くなってしまったことは悲しいことですが、警察も強盗犯を
捕まえることで必死だったはず。
お気の毒ではありますが、取材班の方
にも過失があるのではないかと推測します。
取材って、取材される側の
業務に支障をきたさないレベルで行わなくてはならないもののはず。
しかし、容疑者に打ったはずの弾が当たったということは、その射程に
取材班はいたことになりますし、もう少し位置取りを考えて取材しないと
いけなかったのでしょうね。

アメリカに住んでてこの番組たまに観てるけど、まず言葉で交渉するんじゃ
なくてすぐに全力で容疑者確保しに行くんだよね。銃とか持って。
まぁ相手が銃持ってる可能性高いからしょうがないけど…
スタッフも間近で撮影してるし、こういう事故起こってもおかしくなかったのかも。 

まぁ危険な取材だから契約書はしっかりしてそうだな。
お悔やみは出るだろうけどこれでどうこうもなさそう。 

25年も生で撮り続けてるんだもん、そりゃ起こるべくして起こったよな。
でも、続けて欲しいな。番組は。


日本のは比較的安全なのに、こっちは随分と過激なんですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
さすが本家
 
パトカーマニアックス8 (三才ムック vol.550)
大井松田 吾郎
三才ブックス
2012-09-28

 


コメント

  1. 名無し

    日本の警察番組はドキュメントでもなんでもない警察宣伝のための提灯番組

  2. 名無し

    いいとは言わないけど、ジャーナリストだもんこういったリスクは覚悟の上でしょう

  3. 名無し

    鉄砲で撃ち合うようなところでウロチョロしてるからだろと思わなくもない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング